ニュース
» 2020年06月18日 12時41分 公開

Switch「ナムコット コレクション」、配信ミスで一時混乱 「妖怪道中記を買ったらファミリーサーキットが来た」

ダウンロードコンテンツ第1弾を買うと、間違って第2弾・第3弾のゲームがダウンロードされるトラブルが(現在配信停止中)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 旧ナムコのファミコンソフトをNintendo Switchに移植した、「ナムコット コレクション」のダウンロード版に、一時「買ったゲームと遊べるゲームが異なる」トラブルが発生し、購入者に混乱をもたらしました。どうしてそんなことに……。


ナムコットコレクション 編集部員が全て購入したところ、10本中8本が予告とは別のタイトルに(一番右のパックマンは10本購入した人への特典)

ナムコットコレクション 本来の配信タイトル

 同作は「ナムコット」ブランドのゲームをコレクションして遊べるプラットフォーム的なソフト。ソフト本体は無料で、ゲームは1本300円(税別)のダウンロードコンテンツ(DLC)として配信されています。DLCの第1弾では、「パックマン」や「スターラスター」、「妖怪道中記」など全10タイトルの配信が告知されていました。


ナムコットコレクション 「ワギャンランド」が最初から無料でついてくる

 しかし、配信が解禁された6月18日の0時過ぎから、Twitterでおかしな報告が続々。「パックマンを買ったらギャラクシアンが登録された」「妖怪道中記を買ったらファミリーサーキットが来た」など、購入したタイトルと、実際にダウンロードして遊べたタイトルが全然違うというのです。編集部でも購入したところ、10本中8本が、第1弾の予定にないタイトルとなっていました。なお、DLC第1弾を全収録したパッケージ版の場合、中身は正常との報告があります。



ナムコットコレクション 編集部で購入したDLC。いきなり予告になかった「ギャラクシアン」が登場

ナムコットコレクション

ナムコットコレクション この「ドルアーガの塔」と、後掲の「ドラゴンスピリット」以外、全て予定外のタイトルでした

ナムコットコレクション

ナムコットコレクション

ナムコットコレクション

ナムコットコレクション

ナムコットコレクション

ナムコットコレクション

ナムコットコレクション

 誤配信されたのは「ワープマン」や「パックランド」、「ケルナグール」など、正式な収録が発表されていなかったタイトルばかり。Twitterでは「第2弾のDLCが交ざって配信されたのでは」と推測する声が上がりました。


ナムコットコレクション

ナムコットコレクション 騒動のさなか、公式サイトでは第2弾・第3弾のDLCが公表。これらに誤配信されたタイトルが全て含まれていることから、「後日配信予定のゲームが誤って今回配信された」とする推測が確信に近づきました

 せっかく買った目当てのゲームで遊べないまさかの事態に、困惑する人も多数。その一方で、「誤配信されたタイトルも、これはこれでうれしい」と、ポジティブに受け止める人も少なくありません。もちろん、買ったものと出てくるものが違うのは大問題ですが……。



 騒動を受けて、メーカーのバンダイナムコエンターテインメントも動き、6月18日10時にDLCの配信が停止。12時には公式サイトに誤配信に関する声明が掲載されました。同社は謝罪のうえ、「原因を調査中」とコメント。原因が分かり次第、あらためて公式サイトにて案内すると述べています。


ナムコットコレクション 公式声明

 ちなみに、同作には英語仕様のグローバル版「NAMCO MUSEUM ARCHIVES」もあり、海外ではプレイステーション 4やXbox One、PCでも展開。もともと日本での販売は告知されていなかったのですが、何の前触れもなくPlayStation StoreSteamに登場し、こちらもファンをざわつかせています。


「NAMCO MUSEUM ARCHIVES」PV。「ナムコット コレクション」とは収録タイトルが若干異なります

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.