ニュース
» 2020年06月19日 15時00分 公開

厚労省の接触確認アプリ「COCOA」配信開始 新型コロナ陽性者と接触した可能性を検出

1カ月はプレビュー版として配信。

[ねとらぼ]

 厚生労働省は6月19日、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をiPhoneとAndroid向けに配信開始しました。

※ストアには「新型コロナウイルス接触確認アプリ」で登録されているため「COCOA」で検索しても表示されないようです(17:45 捕捉)



 「Contact Confirming Application(接触確認アプリ)」の頭文字を取って名付けられた「COCOA」は、Covid-19(新型コロナウイルス感染症)陽性者と接触した可能性を通知してくれるスマホアプリ。

 アプリ利用者同士の接触情報のみをBluetoothにより収集し、陽性者と「半径1メートル以内」かつ「15分以上」接触すると検査の案内が届きます。検査を受けた人は結果をアプリに入力。陽性だった場合は過去14日以内に接触した利用者へと通知が送られ、陽性者のさらなる発見へとつながっていく仕組みです。

 なお電話番号や位置情報など個人が特定される情報は記録されず、「いつ、どこで、だれと接触したか」は互いに分かりません。インストールは任意で、アプリを削除すればいつでも利用を中止できます。

 ダウンロードはApp StoreおよびGoogle Playから(15:30時点ではApp Storeのみ)。利用時は常に端末のBluetoothを有効にする必要があります。


アプリの仕組み

ダウンロードリンク

App Store

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.