ニュース
» 2020年06月19日 17時20分 公開

「ぴえん」の絵文字から全力で逃げろ……! 怖くなさそうなホラーゲーム「PIEN」がやっぱり怖くてぴえん

敵は頭が絵文字の怪人。顔がかわいくてむしろ怖い。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ぴえん」という概念(?)が襲ってくるホラーゲーム、「PIEN-ぴえん-」が登場しました。敵は目をうるませた表情の絵文字に人体が生えたような怪人――そう説明するとあまり怖くなさそうですが、実際遊んでみるとそれなりに怖くて泣きそうです。ぴえん。


ぴえん 顔はかわいいかもしれないけれど、こんなん暗がりで急に出くわしたらちびるって……

 「寿司を食べ続けないと死ぬ」「流れてくるマッチョをハシでつかむ」(関連記事12)など、ユニークなアイデアを世に送り続けてきた、ただすめん(@tadasumen)さんの新作フリーゲーム。対応プラットフォームはWindowsで、推奨動作環境はざっくり「Windows 10の超ハイスペックPC」とされています。

※開発環境はGTX1070搭載PCとのこと。筆者が試したところ、2018年製のミドルスペックノートでも動作しましたが、動きはカクカクでした。快適に遊ぶなら、いわゆるゲーミング仕様のPCが必要です

ぴえん 操作にはマウスとキーボードを使用。WASDで前後左右に移動し、Eでアイテム等にアクセス。マウスはライトのオン・オフと視点移動に使います

 ゲームの舞台は暗い廃墟。目の前に落ちていた懐中電灯を点けて周囲を見回したら、天井にぶらさがる全身真っ黄色の怪人に、ぷりぷりの尻を見せつけられました。なるべくコミカルに書きましたが、筆者はヘタレなので既にビビり気味です。


ぴえん とりあえず明かりを確保……って、上になんかいる?

ぴえん なんだこいつーっ!

 怪人がスッと消えると、それまで閉じていたドアが一部オープン。何かを見つければ道が開けるのかな? と探索を続けていたら、慣れて油断したところにまた怪人が現れました。なんか楽しそうに跳ねながら迫ってきて逃げられない……ぴえん。


ぴえん 探索していると、壁に「にげて」と不穏な文字が

ぴえん さらに進むとアイツが……!

ぴえん ウッキウキで迫ってくる……!

ぴえん 「ぴえん」の断末魔で死ぬのやだなあ

 画面に血しぶきが飛び、これでやられたかと思ったら、場面は狭い部屋へ。怪人が入室してきたと思ったら、楽しげな音楽をバックにキレッキレで踊り始めました。ふとあたりを見回すと、どっちを向いても「ぴえん」の怪人。こんな地獄ってある?


ぴえん

ぴえん

ぴえん なんなんだよ!

 ここまでの展開は、実はチュートリアルのようなもの。ある手段で地獄の空間から抜け出すと、怪人から逃げつつ“しるし”を探す、ゲームの本番が始まります。怪人とニアミスすると、普通のホラーゲームならおどろおどろしい音楽が流れるところが、このゲームの場合は「ぴえんのうた」。そんなにも演出がユーモラスなのに、怪人を見かけると必死で逃げたくなるあたり、恐怖と笑いは隣り合わせなのだなとあらためて思い知らされます。


ぴえん 「ぴえん」と祈って壁の絵文字を消すのがゲームの目標に

ぴえん 廃墟内は常に怪人が徘徊。ちらっと見えるだけでめっちゃ怖い

ぴえん コミカルな歌をバックに逃げていると、ちょっと楽しくなってくる

ぴえん しかし、曲がり角で出会い頭にバッタリ

ぴえん ぴえん


 同作は6月9日にサンプル動画が公開された時点で、「インフルエンザのときに見る夢」「トーマスMOD並の怖さ」などと話題を呼んでおり、完成したことでさらに注目を集めることとなりました。6月18日夜に配信されるなり、早くもプレイ実況動画が登場し、RTA(リアルタイムアタック)に挑戦する人まで現れています。


協力:ただすめん(@tadasumen)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.