ニュース
» 2020年06月24日 21時00分 公開

ダンジョンがセレブハウスに変身! 魔窟のような建物が数年かけて新築のようになるリフォームのビフォーアフターがすごい

重厚さを残しながら上品にリメイク。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ダンジョンのようにおどろおどろしい建物が、数年間の修繕作業を経て同じ建物とは思えないほど美しくなった様子がInstagramに公開され、たくさんの驚きと賞賛を集めています。


魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい ほとんど廃墟みたいな家が新築のような姿に

 見事に生まれ変わった建物は、英国のバースにあり、「イギリス指定建造物」として法的に重要な建物だと指定されている歴史あるもの。勝手に壊すことはもちろん、手を加える事も禁じられており、簡単に改修することはできません。

 ですが、その実体は廃墟同然のボロボロ状態で、修繕を手がけた投稿者のジェイミー・バロウさんは「夜に一人で寄りつきたいと思わないほど恐ろしかった。ハリウッド映画の制作会社に貸してホラー映画を撮ってもらえばいいと思うほどだった」とそのひどく荒れ果てた様子を物件を紹介するインタビューで表現しています。ジェイミーさんが投稿したビフォーアフターの写真を見ると、建物が持つ独特な雰囲気を残したままに、新築のような上品さを実現したことがよくわかります。


魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい モンスターと出くわしそうだった階段も明るくて清潔感があふれている

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 落書きのような跡のある壁もすっかりきれいに

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 屋内だけでなく庭もきれいになった

 ジェイミーさんの投稿によると、「イギリス指定建造物」の改修はとても管理が厳しく、使用する資材は役所の担当者に確認してもらい、承認されなくてはいけないといいます。可能な限り建築当初に使用されていた資材と同様のもので自然な状態を維持する必要があるため、バスルームの床に使われている石は、鉱山まで出向いて同じ種類のものを見つけ、修繕作業に使ったそうです。


魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 石を探して鉱山へ

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 資材の形を整える

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 使用できるように加工

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい きれいな床が完成

 現在この建物は47万5000ポンド(約6300万円)で売りに出されています。不動産を紹介する写真からは、かつての荒れ果てた様子はすっかりとなくなりながらも、窓の形などからどこか歴史の重厚さが漂っていてすてきです。


魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 修復不可能に見えるほど荒れていた家が……

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 徐々に形を取り戻して……

魔窟がセレブハウスに変身 モンスターが出現しそうなダンジョン風建物が数年かけて新築のようになるビフォーアフターがすごい 現代風にアップデート!

 ちなみに建物を生まれ変わらせたジェイミーさんはプロのスノーボーダー(関連記事)として活動しており、「車で牽引されて最速でスノーボードで滑った」ギネス世界記録に認定されています。物件を開発する仕事は最初は趣味として始めて、今では8年になるそうです。不動産サイトのインタビューでは、その理由について「冬は山に出かけるので、夏に暇にならないよう何かする必要があった」と説明しています。

Image Credit:Jamie Barrowb



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン