ニュース
» 2020年06月24日 13時00分 公開

手話・指さし・筆談で接客「スターバックス サイニングストア」国立に日本初出店 聴覚障害者が輝ける空間に

聴覚に障害のあるスタッフが聴者とともに接客します。

[ねとらぼ]

 スターバックスコーヒージャパンは6月27日、主なコミュニケーション手段として手話や筆談を使用し運営する「サイニングストア」を東京都国立市にオープンします。




 オープンを控えた「スターバックス nonowa 国立店」は、聴覚に障害のあるスタッフも自分らしく活躍できる新スタイルの店舗です。聴者のスタッフも在籍はしますが、手話や筆談を交えたコミュニケーションを基本とし、「障がいのある若者にとって夢や未来を描ける場所」「店舗を訪れた誰もが新たな気付きを得られる場所」を目指します。

 商品の受け渡し方法も通常の店舗とは異なり、レシートに商品番号が記載され、商品が出来上がるとモニターで呼び出される方式。モニターには手話を学べるイラストが表示され、待ち時間を使って簡単なあいさつも学べます。




 スターバックスのサイニングストアは、すでにアメリカと中国に1店舗、マレーシアに2店舗の前例があり、今回発表された「nonowa 国立店」で5店舗目。また、日本でも聴覚障害者のスタッフを中心とした店舗運営プログラムを2018年より何度か実施し、サイニングストア実現の可能性を模索してきたといいます。

 開業は6月27日。混雑を避けるため、当面の間は整理券を導入。整理券は店頭の発券機かwebで発行可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.