ニュース
» 2020年06月24日 18時53分 公開

顔にも人にも見える…… 錯視が連続するショートフィルム「A Mind Sang」が脳に混乱をもたらしてくる

認識、復活、変形を表現した6分間のアート映像。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 壁のシミが顔に見えてしまうような“パレイドリア効果”を多用したおよそ6分のショートフィルムが、クリエイター向け動画共有サイトVimeoに投稿されています。

 鉛筆を持つ女性かと思いきや、人の横顔にも見えてくる……不思議な映像の連続に、使っていない脳の領域がぐにょんぐにょんしてきます。

字を書いている人と横顔に見える絵 何に見えますか?(画像は以下すべて「A Mind Sang」より)

 動画のタイトルは「A Mind Sang」。不協和音がなる中、右手が降りてきました……と思ったら、手首より先はなく、人体にも見えるように。さらに、指先(足先?)が水に触れ、波紋が広がります。そうすると、人体は再び右手にも見えてきます。これは、あくまでも筆者の見え方。もしかしたら、みなさんは違った体験をするかもしれません。

 若い女性にも、老いた女性にも見える隠し絵を思い浮かべた人もいるのではないでしょうか。そういった二通りに見える絵が次々登場します。絵が変化する動きの中で、気づいていなかったもう一方の絵が急に見えてきたりします。アコースティック楽器によるBGMも独特の世界観を演出していますので、音声つきで見ると、さらに楽しめると思います。

指先に見える絵 右手かな?

人に見える絵 あれ、人だった?

指先にも人にも見える絵 どっちなの!?

 制作したのは、ポルトガル人のアーティストであるVier Nev氏。この作品は、アヌシー国際アニメーション映画祭2020で、Vimeo Staff Pick Awardを受賞しています。

胎児にも顔にも見える絵 不思議……

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.