ニュース
» 2020年06月25日 15時30分 公開

近視を治療するスマートメガネ、窪田製薬が開発を加速 光で刺激を与え焦点を調整

目標はメガネのいらない世界。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 窪田製薬ホールディングスは、近視を治療するスマートメガネ「クボタメガネ」の開発を加速すると発表。実現したら、かけているだけで近視が改善する……!?


クボタメガネ クボタメガネのイメージ

 近視の多くは、「眼軸」(角膜と網膜の間)の伸展がもとで起こるとされています。


クボタメガネ 近視のイメージ。網膜の手前(上図でいう左側)にピントが合い、遠くが見えにくくなる。原因の多くは身体の成長に伴う眼球の拡大

 同社の子会社クボタビジョンは、光で眼に刺激を与えて眼軸を調整する仕組みを実験。21〜32歳の男女12人を対象に、試作の卓上型デバイスで検証した結果、眼軸長の短縮が確認されたといいます。眼軸長は加齢とともに伸展するか成長が止まるのが普通で、人工的な光によって短縮する事例は世界でも前例がないとのこと。

 同社はこの技術をスマートメガネとスマートコンタクトレンズに応用し、実用化を目指すと発表。前者については2020年内に実証試験を終え、プロトタイプを完成させることを目標としています。


コンタクトタイプ 将来的にはコンタクトレンズ型も開発

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10