ニュース
» 2020年06月26日 07時30分 公開

「巨大ヒーローには金がかかる」 超巨大なおっちゃんヒーローが金策に苦労しながら活躍する漫画がカッコイイ(1/2 ページ)

これは新しい。(※記事ラストに漫画本編があります)

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 超巨大な普通のおっちゃんがお金に困りながらもヒーローとして活躍する漫画「巨大ヒーローがお金に困る話」が斬新な世界観で面白いです。



 「TIGER & BUNNY」「ワンパンマン」「僕のヒーローアカデミア」などを例に出すまでもなく、スーパーヒーローが企業と契約して活躍する姿を見るのはもはや珍しくなくなりました。そんな中でも同作がユニークなのは、巨人がヒーローとして活動するにあたっての金銭面がやたらリアルに描かれていて、おまけに主人公“ダイゴさん”のビジュアルが、ガチで普通のおっちゃん(巨人だけど)という点。



 巨人は人間の1万倍のカロリーを必要とするため食費だけでも莫大であり、衣料品や居住設備には小都市に匹敵する規模のお金が必要になります。それらを支える職員も大量に必要で、人件費も大企業並み。そのため、巨大ヒーローは本来テキパキと活躍し、スポンサーロゴの入ったユニフォームをクールに着こなすことが求められるわけです。



 ところがダイゴさんは体格こそ筋肉質だけど、見た目はごくごく普通。ランニングやツナギをラフに着て、とてもヒーローとして人気を集めそうなオーラは感じられません。実際、他の華やかなヒーローたちの人気に押されて、台所事情は火の車。起死回生を狙ったクラウドファンディングも目標額の1億円弱に対し20万円程度しか集まらない状態で、勢いに乗るルーキーヒーロー・アキラからも「巨大ヒーローとしてのプライドとかないわけ?」などと上から目線で説教される始末です。



 普通の会社員だったら明日の心配で夜も眠れなくなりそうなこの状況。ですが、ダイゴさんは「いい時代になったもんだ」と、平和な空気に満足げな表情。それもそのはず、実はダイゴさんは世界で最初の巨大ヒーローであり、怪獣に街や人々が蹂躙(じゅうりん)される悲惨な時代を戦い抜いた古豪だったのです。




 現在、巨大ヒーローにはそれぞれ担当区画があてがわれますが、最近大きな戦果のないダイゴさんは、怪獣がほとんど現れないという大田区の担当。そんな中、アキラのいる品川区に凶悪な怪獣が出現します。



 ヒーローが勝ち続ける日常に慣れ、誰もがアキラの勝利を疑いませんでしたが、アキラは怪獣の猛攻に遭い、腕と脚を切り落とされる大ピンチに陥ります。

 担当区画外に怪獣が現れた場合は、保険が効かないので「出動しない」のがセオリー。しかし、「行っちゃダメです!」という周囲の静止を「私一応ヒーローだし」の一言で悠然と振り切る終盤の展開は、まさかの王道な熱さでカッコイイ……! アラフィフなダイゴさんが見せつける“本物のヒーローっぷり”は、ぜひ漫画本編で。





 Twitterでは作品の読者たちから「こんなおっさんになりたい」「終盤の戦闘シーンは手に汗握る」「チートみたいな能力じゃなくて長年の経験と知識だけで戦うのすっごいかっこいい」と大好評。

 同作を描いたのは、YouTubeでさまざまなネタ動画を投稿しているコウノスケさん(@kounosuke0808)。コウノスケさんは漫画家としても活動していて、2019年には高野須翔名義で、巨人高校生が活躍する読み切り「巨人高校生 都々逸どんき」を『少年ジャンプGIGA』で発表していました。




 今回の「巨大ヒーローがお金に困る話」はTwitterのほか、pixivニコニコ静画でも公開中。世界観がしっかりしているので、シリーズでもっと読みたくなってくる内容でしたが、コウノスケさんいわく「続きは製作中」とのことです。早く読みたい!


「巨大ヒーローがお金に困る話」本編









       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  6. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  7. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」