ニュース
» 2020年06月26日 14時30分 公開

並べると1枚の絵になる“和風”リプトンが「かわいい」と話題 森永乳業は「外出自粛中のリフレッシュに」

3個まとめ買いしたくなる。

[ねとらぼ]

 リプトンの紙パックが並べると1枚の絵になる期間限定パッケージに。富士山や白川郷が描かれた和風テイストも相まって、「かわいい」「そろえたくなる」と反響を呼んでいます。


イラストがつながる期間限定“和風”リプトン

レモンティーには富士山が

 向かって左から「ミルクティー(470ml)」「レモンティー(500ml)」「グリーンアップルティー(500ml)」の順に並べるとイラストがつながる期間限定パッケージ。それぞれ五重塔、富士山、白川郷の合掌造りがフラットなタッチで描かれ、背景には日本伝統の模様があしらわれています。

 “紅茶”の欧風なイメージと180度異なる和のテイストはどのように誕生したのでしょうか? 森永乳業の担当者に聞いてみました。


 コロナ禍のなか、緊急事態宣言が出され、外出自粛・移動の制限を余儀なくされる日々が続きました。そんな中、皆さんが慣れ親しんでいる、でも今は気軽に見に行くことが出来ない、「日本ならではの和の風景」をパッケージデザインで表現することで、手に取っていただいた皆さまの癒しや、気持ちのリフレッシュにつながればと思い企画しました!

 リプトン紙パック中容量(500ml程度)はコンビニエンスストアを中心に、常時3品以上のお取り扱いがある場合が多く、「つなげて1枚の絵になる」デザインにすれば、店頭に並んだ際、気づいた方に面白がってもらえるのでは、と思い挑戦しました。


 世界遺産に登録されている日本の名所を選んだのは、身近な飲料を通じて外出自粛中のリフレッシュを図ってほしいという思いから。Twitterでの反響について森永乳業は「とてもうれしく思っております! リプトンを手に取っていただいた皆さまの癒しに少しでもつながっていれば光栄です。これからも、さまざまな商品で、仕事や家事、学校の合間に楽しくリフレッシュできるような時間をお届けしていきます」と喜びを述べました。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.