ニュース
» 2020年06月27日 16時00分 公開

金魚が空中を泳いでいるみたい! ゆらゆらひらひら動く金魚のモビールが夢のよう

アメリカンフラワーの技法で作られた、透き通るようなモビール。7月12日までフェイアート ミュージアム ヨコハマで展示販売中。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 うっすらと透き通るようなリュウキンのモビールが、とてもきれいで「夢の中みたい」と好評です。ヒレまでゆらゆらと動いてかわいらしい。


金魚モビール金魚モビール

金魚モビール金魚モビール 尾びれと胸びれがひらひら

金魚モビール くるりと回る様は、空中を泳いでいるかのよう

金魚モビール

金魚モビール

金魚モビール

金魚モビール

金魚モビール

 このモビールは、ハンドメイドブランド「キンギョイチ」(公式サイトTwitter)の作品。7月12日まで、フェイアート ミュージアム ヨコハマのイベント「港 ヨコハマ 夏の市 2020 ―夏の風―」で1点7900円で展示販売されています。


金魚モビール 展示の様子。たくさんそろっているとまた良い……

港 ヨコハマ 夏の市 2020 ―夏の風― 開催概要

・会期:2020年6月23日〜7月12日(月曜休廊)
・開催時間:10時〜19時(最終日は17時まで)
・料金:入場無料
・会場:フェイアート ミュージアム ヨコハマ
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F

 製作にはアメリカンフラワーの技法を応用。針金で作った枠組を樹脂(ディップ液)に浸し、シャボン玉のように膜が張ったところを着色して仕上げています。膜が薄くて取り扱いは難しいものの、軽くてゆらりとほどよく揺れ、透明度が高くて影もきれいに出るのだそうです。


金魚モビール 工程は公式サイトで公開。まず針金で金魚の枠組を作ります

金魚モビール 針金を使ったシャボン玉作りと同じ要領で、枠組に樹脂の膜を張る

金魚モビール 着色のうえ、ストレンスナーという強化剤を塗り、膜を強化して仕上げる

 まるで空中を泳いでいるかのような光景は大勢を魅了し、リプライでは通販を希望する声が多数上がりました。キンギョイチでは展示後の販売方法をまだ固めていませんが、7月20日までには発表したいとコメント。今後もいろいろな色と種類の金魚を作っていくと、ねとらぼの取材に答えました。

協力:キンギョイチ(公式サイトTwitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.