ニュース
» 2020年06月28日 19時00分 公開

100日後に振り返る「100日後に死ぬワニ」 作者・きくちゆうきインタビュー(2/5 ページ)

[福田瑠千代,ねとらぼ]

――死生観も盛り込みつつ作り上げた渾身の「100日」フォーマットですが、いろんな人が同じフォーマットで作品をSNSに投稿していました。それは見たりしました?

きくち やってるな〜と思って見てました(笑)。「転生モノ」が流行ったのと同じ感じで、「100日後に」っていうカテゴリーになった感じはしましたね。

――なかなか100日完走できる人はいませんでしたけどね。

きくち 100日やりきってるのを見ると、すごいなと思います。


連載終了と大炎上

――最終回はお話も良かったですが、リツイートの数字などもすごいことになっていましたね。

中尾 最終回のTwitterアナリティクスの数字を見せてもらって衝撃的でした。

きくち 今見れますよ。



――エンゲージメント総数が2億を超えてる(笑)。

きくち 99日〜100日あたりだけでフォロワーが60万人以上増えました。それで「フォロワーを買った」ってウワサも流れてしまって……。

――すごくお金がかかりそうですね。

きくち 連載が終わったタイミングでやっぱり一定数フォロワーが減って、今も減りまくりですけど、もし買ってたら、減らないから!


3月1日から3月21日で100万人以上のフォロワー増。特に最終話付近の20日と21日だけでフォロワーが約65万人増えている

――炎上関連についてもう少し聞かせてください。やはりトゲのある意見には目が行ってしまうものですか。

きくち めちゃくちゃ行っちゃいますね。100のコメントの中に1つ誹謗中傷やトゲがあるものがあると、それに目が行ってしまいます。



――ベイシカの方にも誹謗中傷は届いていたのでしょうか。

中尾 「(プロデュースの)センスねえな!」みたいな意見はたくさん来ました。きくち先生のファンから「先生をちゃんと守ってあげてください」みたいなコメントもいただきまして、それはその通りだなと。


ベイシカの代表・中尾恭太さん

――今は落ち着いたとのことですが、終了直後はどんな心境でしたか。

きくち 終了後は大炎上して、Twitterも一時期全然できなくなってしまいました。ポジティブな意見をくれる人のためにもっといろんなことを発信したほうが良いとは思っても、悪い意見が怖くなって、何もできなくなって。でも作品を描いて、宣伝して……変なことしてないのになんで止まっちゃってんだ……? とも思ったり。

――書籍も35万部という数字を記録して、作品としては大ヒットなわけですよね。

きくち 時間がたって、単行本の数字が出始めたころでやっと「認められたのかな……」と、少しずつ発信できるようになりました。作品がとても大きく育ったけど、その分たたかれることが多かったから。トラウマになりました。満足できるものを描いたと思ったところで、あの炎上だったので。

――しかもワニの場合は根も葉もないところで「電通案件」とたたかれたり。

きくち 電通さんは絡んでなくて、悪くないのに悪く言われていて申し訳なくなりましたね。

※ いきものがかりのMVについては後述

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる