ニュース
» 2020年06月28日 19時00分 公開

100日後に振り返る「100日後に死ぬワニ」 作者・きくちゆうきインタビュー(5/5 ページ)

[福田瑠千代,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5       

――出版社が決まってからは?

きくち 年が明けてから出版社が小学館さんに決まり、担当さんと初めて打ち合わせをしました。1月6日の、本編だと30日目の手前くらいからですね。そこで「終わりは決めているんですか?」と聞かれて、「『当たり前は当たり前じゃない』っていうのを感じて欲しいと思っています」といったお話をさせてもらいました。

――Twitter漫画で、連載の途中から担当編集が付くのはちょっと珍しい気がします。担当さんが付いて作り方に変化は?

きくち 描きやすくなりましたね。1日1枚じゃなくて、10日分まとめてラフを描いて、これは良いけどこれはナシのほうが良いねとか。当日になって事件とか、世間的な出来事があったときは描き直したり順番を変えたりするようになりました。

 M1があったときに「みんな見てるな」って思ったから、ワニも見ているシーンを入れたり。バスケットボール選手のコービー・ブライアントさんが亡くなった日にちょうどバスケをやる回をやろうとしていて、この日に楽しげにバスケをやるのはちょっと嫌だなって思って、後日にずらしたり。ちなみに僕も毎週火曜にバスケやっていたので、あれはそのことを描きました。

――モグラくんなんかは最初あまり色がなかったのに、だんだん「ちょっとウザい感じ」が出てきて、連載の中で変化していきましたよね。

きくち 長い間付き合ってると口が悪くなるやつっているじゃないですか。そこの部分だけ切り取ってみると「嫌な奴」だと感じるけど、当人同士は分かってるという、その感じを出したかったんですよね。

――「やれし」とか「ハッピーボーイかよ」とか、セリフがすごく生々しいなと感じていましたが、これは仲間内で実際に使っているフレーズですか?

きくち 「ハッピー」は結構言っちゃいますね。言葉遣いはいつも使うような、伝わらない人がいても、伝わる人には伝わるだろうなというものを選んでいます。でも「これどういう意味?」って聞いてくる人は結構いましたね(笑)。


きくちゆうきの創作ルーツ

――友達との距離感については、以前から連載されている『どうぶつーズ』シリーズからずっと描いていますよね。

きくち 友達との関係については、あまり考えは変わってないですね。



――『どうぶつーズ』から思い切って絵柄を変えた理由は?

きくち 『どうぶつーズ』は5年ほどやっていて、今後も続けていきたい作品なのですが、等身を下げたらもっといろんな人に届きやすいかなとは感じていました。あとは「死ぬ」というテーマが重いので、キャラをかわいくするギャップを出すねらいもありました。

――『どうぶつーズ』はなんというか……かなり前衛的な作風ですよね。そもそも漫画家を志したきっかけは?

きくち デビューさせていただくまで漫画家を志したことがなかったんです。もともと『どうぶつーズ』でもキャラを描いて、グッズにして、コミティアやデザフェスで販売していました。あくまでキャラの良さを知ってもらうために1ページの漫画を描くスタイルだったんです。ネットで公開しつつ、そうして描きためたものが結構まとまってきたので、自分でお金を出してプリントパックで本にして。またコミティアに参加した際、出張編集部があったので、せっかくここにいるし、ダメ元で見せに行こうって思って。そしたらその場で連載が決まりました。それが27〜28歳ごろですね。今では漫画家の自覚を持ってやっています。

――ちなみにそれ以前の経歴は?

きくち 印刷の会社に勤めながら絵を描いていました。LINEスタンプがクリエイターで出せるようになったので、『どうぶつーズ』のスタンプを出したら結構売れたんですよ。それでこれはもしかしたら……と思って。その会社では副業禁止だったので……やりたいことはこっちだから、会社やめようって思って。

――「ワニ」イズムですね。

きくち それでイベントに結構出られるようになって、連載につながりました。会社をやめたのが27歳ごろなので、『どうぶつーズ』のトニーも27歳なんです。

――絵柄とかキャラクターで影響を受けたものなどはありますか?

きくち 海外のアーティストの絵が好きで、「ラットフィンク」や「タートルズ」とか。そういうのを生み出したいです。


「ラットフィンク」はカスタムカーデザイナーのエド・ロスさんによるキャラクター。ミッキーマウスへのカウンターとして考案された(画像は「ラットフィンク」公式サイトより

――あー! ちょっとつながった気がします。

きくち 『どうぶつーズ』もそういうキャラクターを作りたいと思って始めたんです。キャラの良さって絵だけでは最大限に伝わらないと思っています。Instagramでは海外の人の作品ばかり見ています。

――『ワニ』の絵柄でヒットしてしまって、『どうぶつーズ』がやりにくくないですか?

きくち 特に気にしていません。本質部分は結構同じなんです。最終的にクセになってもらいたいす。

中尾 新しい読者には復活連載中の『何かを掴んでないとどこかに飛んで行っちゃうアザラシ』にも触れてもらいたいですね。こちらは「死」というテーマを扱った『ワニ』に比べると本当にゆるい内容ですが、逆にこっちの方が好きという人もいるはずなので。



――『アザラシ』と『どうぶつーズ』以外に次回作の予定は?

きくち 2つあって、1つはブログを始めようと思っています。日常のことはそこで4コマ漫画にして発信していこうかなと。

 もう1つの新作は、まだ発表場所も未定ですが、今回のワニのことがあったから、僕にしか描けないことを全部そこに盛り込んでやろうと思ってます。皆が追いたくなるような話にしたいですね。

――期待しています。映画版「100日後に死ぬワニ」もどうなるか楽しみです。

きくち 映画についてはまだ全然言えないんですけど、やるからには良いものを作りたいと思っているので。漫画の物語ありきなんだけど、それ以外の部分でも楽しめる感じにしたいですね。脚本作りにも監修として入っているので、待っていてくれるとうれしいです。







前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」