ニュース
» 2020年06月29日 17時00分 公開

「FF7R」の名場面を名機「PC-88」実機で再現 色味も音も80年代テイストで実在を信じてしまいそう

1997年発売の「FF7」が、1980年代にリメイクされていた……?(錯乱)

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ファイナルファンタジーVII REMAKE」(FF7R)の名場面を、1980年代の家庭用コンピュータ「PC-88」シリーズの実機で再現した映像が、何もかも懐かしくて感動的です。フロッピーディスクドライブ(FDD)がカタカタ言い、エアリスが目パチ口パクでほほえむこの感覚、まるでタイムスリップ。


88FF7R FF7って昔からあったの? と錯覚

 ドット絵やFM音源を愛好する蕎麦P(@sobamix)さんの作品。伍番街の教会でクラウドとエアリスが再会するシーンを、PC-88用プログラムとして作成し、実機で動く形に落とし込みました。昔のパソコンショップで販促に用いられていた、自動でデモ映像や音楽を再生する「デモディスク」という形式です。


88FF7R 5インチフロッピーディスクを挿入してロックをガチャッ

88FF7R とFDDがガッガッガッとデータを読み込むと、しゃべる声がキュキュキュッ

88FF7R クラウドがまぶたをしばたくと……

88FF7R

88FF7R

88FF7R エアリスが登場。目と口がアニメーションします

88FF7R 背景の教会が視界に

88FF7R じわっと色が抜けていき……

88FF7R タイトルが残る。1997年発売のFF7が、1980年代のコンピュータでリメイクされる不思議

 作者はブロマガで制作の経緯を紹介。「セーラームーンチャレンジ」(関連記事)の流行時にPC-88風の描画で参加したところ、その作業が楽しくなり、エアリスのドット絵を描き始めたのがきっかけだそうです。


88FF7R クリスタで描いた下絵

88FF7R Photoshopで輪郭をトレス

88FF7R レイヤーを分けて塗り分け

88FF7R パターンブラシで着色し、シャドウとハイライトを入れて完成

88FF7R 目パチ・口パク用のパターンも別に用意

 その後、モチーフがゲームなのだからと、「昔のゲームのデモシーン風な演出を施すと面白いかな?」と思いつき、デモディスクの制作を開始。ピコピコ鳴るセリフ音は、解析した他のゲームのアルゴリズムを参考に再現しています。

 80年代コンピュータのイメージを徹底して再現した映像は「88特有の縦長ドットが懐かしい」「セリフ表示のたびにディスクを読み込むのがたまらない」「スクウェアが『WILL』の次に出したと言われても信じそう」など、当時を知るTwitterユーザーに大好評。「イース」や「ジーザス」、「スナッチャー」など、当時の人気作を連想する人も多いようです。


動画提供:蕎麦P(@sobamix)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.