連載
» 2020年06月29日 18時30分 公開

夫の遺品の携帯電話で不倫が発覚! 死後のデジタルデータ問題はもう始まっている 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

遺品で不倫を知るの、すごくつらい!

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは6月26日(金)放送の加藤諦三パーソナリティー回。

 夫の死後、夫が不倫をしていたことを知ってしまった妻からの相談。

テレフォン人生相談

不倫に気付かずに夫と暮らしていたむなしさ……

 相談者は60歳女性。1年前に夫が他界。子どもはいないという。

 「(夫が)亡くなってからですね、長くお付き合いしていた方がいらっしゃったことが分かりまして、その事実を受け入れるのも、なかなかできなくて。そういうことを、どういう風に捉えて気持ちを持っていけばいいのかなと思いまして……」

 既に他界した夫の不倫。「もう死んじゃったし」と割り切れればいいのだろうが、長年連れ添った夫婦だけに、なかなかそうもいかないのだろう。

 結婚生活は約30年。不倫相手は夫が小学生か中学生の時に同級生だった人で、亡くなる5〜6年前に再会して付き合うようになったようだ。

 「子どもは作りたくなかったの? それともご主人の方が、何かそういう長く付き合っている人がいて……?」

 「子どもは、作りたくないとかそういうことじゃなく、できなかったということですね」

 諦三さん、デリカシーないこと聞くな……。

 不倫が発覚したきっかけは携帯電話。メールの中に不倫相手とのやり取りが残っていたのだ。

 「それは、中学時代の幼なじみという、そういうような関係ではなくて、男と女の関係?」

 「核心的な内容はないですけど、でもお誕生日にプレゼントを贈り合ったり、もちろん『好きだ』とか『会いたい』とか、そういう文章は残っていました」

 発覚以降、相談者は何も手につかなくなってしまい、一日中、このことばかり考えているという。

 「彼の気持ちも、どうしてそういうことをしてたかっていうことも聞けないしね。まったく気付かないで、彼と暮らしていたので、むなしいというか……。自分を否定されたような感じですね(涙声)」「ベタベタという仲良しではなかったと思いますけど、ふたりでよく散歩にも行ってたし、外食もしていたし、コンサートにも行ったりしていたのでね……」

テレフォン人生相談

不倫に気付かないくらい夫に関心がなかったってこと

 この日の回答者は幼児教育研究の大原敬子。いつもの大原節でたたみかける。

 「私からすると、それ(不倫)を気付かないアナタはバカなんじゃないかと思ってしまうんです」

 「ホントにね……」

 「夫とはうまくいってました、コンサートも行きました、どこも行きましたって。世の中には、形とか表面的なもので愛を信じる女性がいるんですね」

 一方では、記念写真もイベントもなくても、心が結ばれていれば愛を信じられる女性もいる。

 前者である相談者は、外食やコンサートに連れて行くだけで「愛してるわ」となってしまう“簡単な”女――だというのだ。

 「アナタは自分の世界観だけで『許せない』とか言ってますけど、長く付き合った人がいた(のに気付かなかった)くらい、夫に関心がなかったってことです」

 「……そうですね」

 同時に、夫の方も相談者への関心が薄かったのではないかと指摘した。

 「(夫にホントの愛があれば)かつての女性のものは全部捨てます。そして、墓場まで持っていきます」

 亡くなった状況が分からないので何とも言えないけど、そううまいこと死を悟って処分はできないと思うけど……。

 「彼は愛がないんです。アナタにも、前の彼女にも。……てことは、アナタ方夫婦似てるんです、両方とも。マスターベーションで『自分たちは幸せだ』って」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  7. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/21/news034.jpg 黒猫さんが寝込む飼い主を看病して…… そばから離れずジッと見守る姿に「家族でもここまでしてくれない」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる