ニュース
» 2020年06月30日 12時55分 公開

「給付金が入ったので子どもの頃からの夢を叶えました」 大好きなヤクルトをジョッキで飲んでみた!

誰しもが「やってみたい」と思ってたやつ。

[Kikka,ねとらぼ]

 とってもおいしいけれど、絶妙な量。そんなヤクルトをジョッキ一杯堪能した人がTwitterで話題を呼んでいます。これは全人類の夢だ……!

 投稿者はTwitterユーザーのおさる(@zangi_f_fujiko)さん。「給付金が入ったので子どもの頃からの夢を叶えました」とツイートしたところ、30万9000件以上の“いいね”が寄せられています。

 投稿されていた画像には、蓋のあいたヤクルト15本と大ジョッキに並々注がれたヤクルトが写し出されており、「給付金でやるところが、思い切りがあって素敵」「これが…!!ビフィズス菌の囁き…!!!!!」「私も一回やってみたい」との声が上がっています。


ヤクルト

 一方でピルクルで良いのではという声や、糖分過多で糖尿病になってしまうのではという心配の声も聞かれました。おさるさんは「『やめたほうがいい』っていうリプや引用RTいっぱいきてますがどうか安心してください 二度とやりません」とちゃめっけを出しつつ、「間違いなく一本が適量ですね」とコメント。とはいえ子どもの頃からの夢はかなったようです。


ヤクルト

 なお、ねとらぼ編集部が調べてみたところ、ヤクルトの公式サイトに「Q.ヤクルトをたくさん飲んでいいですか?」「A.食品ですので、飲んでいただいても問題ありませんが、『乳酸菌 シロタ株』を摂る目的であれば、一度にたくさん飲むのではなく、毎日継続的に飲んでいただくことをおすすめします」との記述を発見しました。

 欲望のままに余すことなく堪能できるのは大きな喜びですが、「もうちょっと食べたいな」というぐらいがおいしさのベストともいわれるので、適量を楽しむのが良さそうです。

画像提供:おさる(@zangi_f_fujiko)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」