ニュース
» 2020年06月30日 21時40分 公開

モビルスーツが食卓を舞う!? 秋葉原のガンダムカフェが7月31日に体験型レストラン施設へリニューアル

食事中にプロジェクションマッピングで戦闘シミュレーションが展開。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ガンダムのオフィシャルカフェ「GUNDAM Cafe秋葉原店」が、7月31日から「GUNDAM Cafe TOKYO BRAND CORE」として新装開店します。規模が約4倍に拡張され、より作品世界を味わえる体験型のレストラン施設に。


新ガンダムカフェ GUNDAM Cafe TOKYO BRAND CORE外観(イメージ)

新ガンダムカフェ 「レストランエリア」「Zeon’s Diner TOKYO(ジオンズダイナートーキョー)」「グッズショップ」「fortuneLatte Cafe(フォーチューンラテ カフェ)」の4エリア構成

 新しくなった施設は、2種類のレストランと、ドリンクのテークアウト販売、グッズショップの4エリアから構成。宇宙戦艦内の食堂をイメージしたレストランエリアでは、作中に登場した世界各地や宇宙空間の風景を、壁面のマルチモニターで眺めながら食事を楽しめます。


新ガンダムカフェ レストランエリアのイメージ。食事中にシャアザクが襲来!?

新ガンダムカフェ メニューもこれまで通り、ガンダムの世界観に沿った内容。こちらはモビルスーツパイロットの艦内食をイメージした「アムロ専用パイロットランチ」(1430円)

新ガンダムカフェ 「窯焼きナポリピッツァ RX-78-2 GUNDAM Ver. GUNDAM Cafe」(1320円)

 さらに、“2次元版ディナーショー”ともいえるスペシャルプログラム「G DIMENSIONS EX DINNER SHOW」も用意。「ドズルの命令でシャアとガルマが士気高揚のため開いた食事会」や、「キラとアスランがラクスとカガリのために初めて料理に挑戦」といった、ガンダムカフェオリジナルのストーリーが映像と料理で展開されます。


新ガンダムカフェ キラとアスランが作った初めての料理を試食するという設定で味わえます

 もう1つのレストラン「Zeon’s Diner TOKYO(ジオンズダイナートーキョー)」は、「ジオン将校限定の特別な店」をイメージ。「ジーク・ジオン!」の掛け声が店内に響き渡るなど、ジオン軍人になりきれる演出が用意されています。


新ガンダムカフェ 内装がとてもザビです

新ガンダムカフェ 提供メニューの1つ「ギレン・ザビ料理 格式を重んじるシュニッツェル」(1320円)

 客席には、プロジェクションマッピングで料理からモビルスーツが出撃し、戦闘シミュレーションを始める「インタラクティブプロジェクションシート」と、ギレンからの指令にAR(拡張現実)機能で挑戦できる「ARミッションシート」を用意。テーブルや注文したメニューによって演出が変わるため、毎回違った体験が楽しめます。


新ガンダムカフェ 人や物を感知することで演出を変える「インタラクティブプロジェクション」を採用。皿やコースターに合わせて、テーブルにガイドが出ている

 グッズショップでは、約360点ものオリジナルグッズを販売。同店オリジナルカラーの黒いガンダムをデザインしたお菓子やラーメンも登場します。


新ガンダムカフェ 「GUNDAMチロリアン チョコレート」(1404円)

新ガンダムカフェ 「ナボナロングライフ チョコレート」(702円)

新ガンダムカフェ 「ガンダム黒いヤツ用ラーメン」(324円)

新ガンダムカフェ 九谷焼 豆皿(各1210円)

新ガンダムカフェ 「秋葉原のガンダムカフェに参戦しました!」クッキー(972円)

新ガンダムカフェ 輪島 うるし箸(各2640円)

新ガンダムカフェ GUNDAM Cafeピンズ(各550円)

新ガンダムカフェ ポケミニボトル GUNDAM Ver. GUNDAM Cafe(各1760円)

 テークアウトドリンク販売の「fortuneLatte Cafe(フォーチューンラテ カフェ)」では、キャラクターやモビルスーツをあしらったプリントラテを提供。タブレット端末を使ったゲームや質問により絵柄が決定し、その場でドリンクがプリントされる楽しみもあります。


新ガンダムカフェ タブレットでベースドリンクとプリントのテーマを選び、ミニゲームなど簡単な操作を行う

新ガンダムカフェ 決定された絵柄がその場でドリンクにプリントされる

 なお、レストランはともに事前予約制。予約開始については、7月14日にリニューアルされる公式サイトにて案内するとのことです。

価格は全て税込



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン