ニュース
» 2020年07月01日 20時25分 公開

愛知県で「ジブリの“大じゃない”博覧会」開催決定 「息詰まる社会に明るい話題を提供するため」

湯婆婆もマスク着用。

[ねとらぼ]

 スタジオジブリは新規イベント「ジブリの“大じゃない”博覧会」を愛知県美術館ギャラリーで開催すると発表しました。会期は7月22日〜9月3日まで。



 イベントでは2020年冬に放送予定の長編アニメ「アーヤと魔女」のアーヤたち登場キャラクターの人形を披露するほか、「三鷹の森ジブリ美術館」の「ネコバス」も展示。

 さらに2022年オープン予定の「ジブリパーク」の建築模型やスケッチ、「天空の城ラピュタ」「紅の豚」「ハウルの動く城」「かぐや姫の物語」の名場面を背景に撮影できるスポット、巨大な「湯婆婆」と「銭婆」のおみくじが用意された「千と千尋の神隠し」コーナー、宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文コーナーなども設置されます。


(C)TS (C)Studio Ghibli

 今回の企画は、大村知事からの打診で1カ月余りの短い期間で急きょ進められたもの。同美術館では当初、6月から「ジブリの大博覧会〜ジブリパーク、開園まであと2年。〜」の開催が予定されていましたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で延期が発表されていました。

 そんな現在の状況だからこそ、「新型コロナウイルスで息詰まる社会に明るい話題を提供するため」開催するという今回の展覧会。展示物は2m間隔で観客が密にならないように配置するほか、入場時間を30分間隔であける「日時指定入場制」の導入や、入場時に検温を行うなどの工夫も取ります。

 チケットは「ローソンチケット」のみでの販売。土日祝日は一般1500円、高大生1100円、小中生800円。平日は100円引きの料金となります。7月22日〜8月10日までの入場分は7月4日10時から。8月12日〜9月3日までの入場分は7月18日10時から販売します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.