ニュース
» 2020年07月01日 21時55分 公開

祭りといえば「ポッポ焼き」、職員室でなく「教務室」 他県民の知らない“新潟あるある”の世界

そしてアイスといえば「もも太郎」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 お祭りのお菓子といえば「ポッポ焼き」、学校教員の部屋は「教務室」――。新潟出身の白狸(@hakuri022)さんが描いたイラスト、「新潟県民にしか分からない事」がTwitterで注目を集めています。


新潟あるある 屋台の定番「ポッポ焼き」とは?

 ポッポ焼きは新潟県の下越地方を中心に縁日や花見などの屋台で売られている、パンに似たお菓子。黒砂糖や小麦粉、ミョウバンや重曹を混ぜて練り、専用の焼き器で焼いたものだそうです。白狸さんいわく、「これを食べずして祭りは終われない」ほどの定番。


新潟あるある ポッポ焼き(Wikipediaより)

 ご当地の味としては、セイヒョーのアイス「もも太郎」も紹介。こちらは「名前は“もも”だけど材料はリンゴ果汁で味はイチゴ」という意外性で有名な一品です(関連記事)。さらに言うと、スーパーといえば「原信」と「ウオロク」だそうです。


新潟あるある

新潟あるある リンゴ果汁から生まれるイチゴ味のアイス「もも太郎」(公式サイトより)

新潟あるある 原信 巻店(公式サイトより)

新潟あるある ウオロク 東新町店(公式サイトより)

 よそでいう「職員室」を「教務室」と言うように、新潟独特の言い方も。自動車学校については、「教習所」ではなく「車学」と呼ぶそうです。略称としてはそのほうが自然かも?

※車学:『大辞林』には「(若者言葉で)自動車教習所(自動車学校)のこと」と掲載されています


新潟あるある

新潟あるある

 イラストにはほかにも新潟の特色が掲載。多くの新潟県民が共感する一方、「よそでは教務室って言わないの!?」などと驚く声も上がりました。「模造紙を『大洋紙(たいようし)』と呼ぶ」「『浜茶屋』(海の家)や『そろっと』(そろそろ)が県外で通じなくてショックを受ける」など、他の“新潟あるある”も寄せられています。


新潟あるある さすが“米どころ”といったネタも

作品提供:白狸(@hakuri022)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」