ニュース
» 2020年07月01日 21時55分 公開

祭りといえば「ポッポ焼き」、職員室でなく「教務室」 他県民の知らない“新潟あるある”の世界

そしてアイスといえば「もも太郎」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 お祭りのお菓子といえば「ポッポ焼き」、学校教員の部屋は「教務室」――。新潟出身の白狸(@hakuri022)さんが描いたイラスト、「新潟県民にしか分からない事」がTwitterで注目を集めています。


新潟あるある 屋台の定番「ポッポ焼き」とは?

 ポッポ焼きは新潟県の下越地方を中心に縁日や花見などの屋台で売られている、パンに似たお菓子。黒砂糖や小麦粉、ミョウバンや重曹を混ぜて練り、専用の焼き器で焼いたものだそうです。白狸さんいわく、「これを食べずして祭りは終われない」ほどの定番。


新潟あるある ポッポ焼き(Wikipediaより)

 ご当地の味としては、セイヒョーのアイス「もも太郎」も紹介。こちらは「名前は“もも”だけど材料はリンゴ果汁で味はイチゴ」という意外性で有名な一品です(関連記事)。さらに言うと、スーパーといえば「原信」と「ウオロク」だそうです。


新潟あるある

新潟あるある リンゴ果汁から生まれるイチゴ味のアイス「もも太郎」(公式サイトより)

新潟あるある 原信 巻店(公式サイトより)

新潟あるある ウオロク 東新町店(公式サイトより)

 よそでいう「職員室」を「教務室」と言うように、新潟独特の言い方も。自動車学校については、「教習所」ではなく「車学」と呼ぶそうです。略称としてはそのほうが自然かも?

※車学:『大辞林』には「(若者言葉で)自動車教習所(自動車学校)のこと」と掲載されています


新潟あるある

新潟あるある

 イラストにはほかにも新潟の特色が掲載。多くの新潟県民が共感する一方、「よそでは教務室って言わないの!?」などと驚く声も上がりました。「模造紙を『大洋紙(たいようし)』と呼ぶ」「『浜茶屋』(海の家)や『そろっと』(そろそろ)が県外で通じなくてショックを受ける」など、他の“新潟あるある”も寄せられています。


新潟あるある さすが“米どころ”といったネタも

作品提供:白狸(@hakuri022)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり