「コミティア」9月開催決定もダメージ深刻 年内中止続けば「継続困難」クラウドファンディングを予定(1/2 ページ)

クラウドファンディングについては詳細が決まり次第告知予定。

» 2020年07月03日 11時00分 公開
[福田瑠千代ねとらぼ]

 COMITIA実行委員会は「COMITIA133」(コミティア)を東京ビッグサイト青海展示棟で9月21日に開催予定であると発表。参加サークルの受付を7月1日に開始しました。一方で、緊急事態宣言の発令や会場などからの要請があった場合に、中止や延期の可能性があることにも言及。5月に中止になった「COMITIA132extra」による経営面のダメージも深刻で、今後はクラウドファンディングを活用した支援呼び掛けを予定していることも明かしました。



「COMITIA133」の参加受付を開始

 実行委員会は、都道府県をまたぐ移動の自粛が6月19日に緩和されたことや、政府が8月1日以降は十分な対策を取った大規模イベントを開催可能とする指針を出していることなどを理由に、次回イベントの開催を決めたと説明。

 当日の具体的な対策としては、入場時のサーモグラフィーによる発熱者スクリーニングを実施するほか、シャッター等をできるだけ開放し換気に努める、来場者へのマスク着用の要請する、風邪症状などがある人に来場しないよう呼びかける、会場出入り口に消毒用アルコールを設置するなどを挙げています。

 また、過去同規模の開催時に4869サークルの参加があったのに対し、今回は募集を3000サークルに制限。1スペース内のイスを1脚のみとすることや、サークル通行証を従来の3枚から2枚に減らすなどの対策を取るほか、会場内の人数が一定以上にならないように一般参加者の入場制限も行います。また、対面で長時間の会話が行われる出張編集部持込受付も、今回は見送りとなります。



支援募集のクラウドファンディングを検討

 ひとまずは次回開催のめどが立った形ですが、実行委員会は5月の「COMITIA132extra」開催中止によるダメージが深刻であることにも言及。現在は持続化給付金など行政からの支援に加えて、金融機関からの借り入れでなんとか耐えている状況であり、2020年内のコミティアが全て中止になった場合は事業継続が困難になると訴えています。

 こうした状況を改善するためにクラウドファンディングを検討中。「COMITIA133」の開催可否に関わらず実施予定で、詳細が決まり次第告知予定であるとしています。


漫画家から応援の声が続々

 コミティアはコミックマーケットに次ぐ国内最大規模の同人誌即売イベント。オリジナル作品を発表する貴重な場として、コミティアへの参加をきっかけにプロの漫画家になるケースも珍しくありません。それだけにTwitter上では「できる範囲で最大限なんかしら支援させていただきたい」「クラファン支援する!」「コミティアが無くなれば日本の漫画文化はプロ・アマチュア関係なく衰退します」など、漫画家やイラストレーターなどから支援を表明する声が広がっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」