ニュース
» 2020年07月03日 20時55分 公開

無印良品「ガーリック味」のポテチが一躍評判に 「休みの日しか食べられない」「ポテチの形をしたニンニク」

袋をあけた瞬間すごい。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 無印良品が販売するガーリック風味のポテトチップスが、無印のイメージからは予想できないほどパンチの効いたゴリゴリのガーリック味だと評判になっています。



 話題になっているのは、無印良品の「フランス産じゃがいも ポテトチップス ガーリック」。2019年から販売されている商品ですが、SNSでは時間差で「キレキレのやつ」「ポテチの形をしたニンニク」「休みの日しか食べられない」などと話題になっています。



 公式サイトには購入者のレビューも掲載されており、こちらでは27件の評価で星4つを獲得(星5つ中)。想像以上の濃厚ガーリックぶりにおどろく高評価が多いですが、中には個性の強さが逆に減点ポイントに感じる人もいるようです。



 店舗で見かけたので、早速購入してみました。お値段は390円と少々お高めですが、中身は125グラムぎっしりと入っています。袋をあけると、たちまち明確なガーリックの香りが部屋中に立ち込めます。これは……!





 じゃがいもの風味も生かすというコンセプトなだけあり、ポテトチップスはやや厚みのあるタイプ。食べてみるとしっかりした塩味と、それを上回るガーリックのインパクトに味覚が侵食されます。うまい。

 合わせて購入した、スタンダードな塩味とも食べ比べてみました。


塩味も買ってみた

 こちらはプレーンなポテトチップスに、ほどよい塩気。しかし先ほどガーリック味を食べたばかりなので、正直ちょっぴり物足りない感じもします。味覚が一瞬にしてガーリック化されるので、基本的には混ぜずに食べるのが正解でしょう。


ガーリック味と一緒に食べるとやや物足りないので、違うタイミングで食べましょう

ちなみに塩味2枚にガーリック味のチップスをサンドすると、ガーリック味が塩味を完全に上書きしてくれます。ガーリック味1枚で3枚分楽しめてしまうこの裏技、一瞬コスパが良いような錯覚を覚えますが、よく考えたら塩味も価格は一緒なのでコスパ上のメリットはありません

 無印良品では「ガーリック」と「塩」のほか、「コンテチーズ」味のポテトチップスも販売中。いずれも公式通販では売り切れとなっており、店頭のみでの取り扱いになっています(7月3日時点)。サイト上では店舗ごとの在庫状況も確認できるので、ポテチ目当てでお店を訪れるのであれば、事前確認しておくのが良さそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.