連載
» 2020年07月04日 17時30分 公開

【M愛6話】今夜最終回「M 愛すべき人がいて」を漫画でレビュー ドラムソロにマサ急便とトンチキが止まらない!

礼香様、ミュートうまいよ!

[蟹めんま,ねとらぼ]

 今夜、ついに最終回を迎えるダークホースドラマ、「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日×ABEMA共同制作/土曜23時15分〜)。歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話本『M 愛すべき人がいて』にドラマオリジナル要素を盛り込んでドラマ化されたものです。クライマックスに向けてますますトンチキ度が加速した6話(6月27日放送)を振り返ります。

M愛6話
M愛6話
M愛6話
M愛6話

流川、昭和なやり方で責任を取るの巻

 今話は、アユ(安斉かれん)に寄せられるあらゆる嫉妬が頂点を迎えた回でした。アユが飛ぶ鳥を落とす勢いで売れていく中、同日デビューのアクセルズは予算を割いてもらえない状態。メンバーの理沙(久保田紗友)は嫉妬に狂い、ライターでアユを脅しに来ます。

 数々の嫉妬を寄せられてきたアユ。これまでは特に反撃も反論もしませんでしたが、今回は凶器所持ということで(?)ついに反撃に。「私の髪が! 体が! 全部燃えたって! 何度だってやってやる!」とドスの利いたセリフをかまします。キレ方は福岡のヤンキー仕様でした。

 そしてアクセルズはあえなく解散宣告……。理沙までが「私たちは神様に選ばれなかったんだよ」と言い出す始末です。a victory、神様ネタが浸透している……!

 そして解散のショックにより自殺未遂を図ってしまう理沙。プロデューサーの流川(白濱亜嵐)は、会社を辞めることで責任を取ろうとします。マサ(三浦翔平)は流川に「一度背負った人の人生だろ最後まで向き合ってやれ」と告げます。いつもやいのやいのツッコミを入れてしまう「M愛」ですが、個人的にマサと流川のやりとりはアツくて好きです。

 10代の頃からつねにマサをお手本にし、マサが「カッコ悪く生きろ」と言えば悪にも手を染めてきた流川は、今回もマサのアドバイスを500パーセント鵜呑み! 理沙にプロポーズをキメ、なんか丸く収まりました。

 まさかこのドラマで白濱亜嵐のベッドシーン(事後)、キスシーン、プロポーズシーンを見られるなんて……。しかし流川よ、嫉妬で狂っていたとはいえ他人に脱臼させたりライターを向けたりする女を妻にしてもいいのか?

すごいぞシンバル

 アユとマサの交際は順調に進展。アユとの交際は一応シークレットですが、マサは流川には打ち明けます。流川はピュアに「これまで仕事とプライベートを分けてきたマサさんがその選択をしたってことは、すべてをアユに注ぐって決めたんですね」と発言。しかしこれまでマサが仕事とプライベート、分けたことってありましたっけ……?

 マサはアユと一緒に住むためにマンションをレコーディング機材つきにリフォームします。家賃500万円……! 礼香(田中みな実)による「ついにマサ急便が私を集荷しに来てくれた!」と迫るシーン(何?)は、その狂気もさることながら笑わずに撮り終えた三浦翔平に拍手を送りたくなりました。

 ここからスタートするのが礼香様劇場です。アユのトレーナー天馬まゆみ先生(水野美紀)が「これでソウルリリース(※ストレスを発散?)しなさい」とドラムセット(シンバルのみ)をプレゼント。これがのちにすごいことを招くので覚えておいてください。

 リリース曲選考のため徹夜で働かされるアユ担当チームに檄を飛ばすマサ。たった数秒のシーンに怒号、暴力、長時間拘束などあらゆるパワハラが詰め込まれており、労基もびっくりです。

 スターへの道を駆けあがっていくアユですが、「ファンのみんなが望むアユと、本当のアユは違うから……」とふさぎ込みます。マサはアユを海につれ出し(お忍びの関係のはずが、わりとオープンに外に出るんですね)元気・幸せいっぱいに。

 ハッピーな気持ちで海から帰宅した二人を待ち受けていたのは……なんと不法侵入した礼香!! 自分の誕生日会をセッティングしてお待ちかね。マサが「俺に何をしても構わないがアユに何かしたら許さない」と言い放つと、ついに礼香がプッツンソウルリリース!

 「許さな〜〜〜いvs許さな〜〜〜〜い」「どっちの許さないが勝つのか、なァァァァァァァアアアアア!!!!」と天馬先生からもらったシンバルを乱れ打ち。本日のハイライトシーンです。

M愛6話
M愛6話
M愛6話
M愛6話

 私にはこのトンチキさを言葉で十分に伝える語彙力が備わっていないので、どうかABEMAで本編を見てください。どんなにトチ狂ってもわりとエレガントだった礼香さんが「あたしだってすでにマサのこと許してないよ!!!」と突然浅香光代のようなキレ方をしたのも愉快でした。

 許さない音頭にTwitterは一時騒然としましたが、バンドマンなどのドラム経験者からは「ちゃんとミュートしててえらい!」「リズム感がいい」「筋がいい」など高評価。再現動画などもアップされる盛り上がりとなりました。礼香様にはいろいろな才能がある。

4日、ついに最終回

 6話は「よく笑わんと撮ったな〜」と感心してしまうシーンのオンパレードでした。毎回このレビュー記事を描くために、ツッコミポイントに目を光らせて見ていますが、回を追うごとにどんどん感覚がマヒしており、ちょっとやそっとのことでは反応しなくなってしまった気がします。テキスト部分も「ここ今日のハイライトで合ってます?」と聞きたくなってしまうレベル。

 さて6話ラストは、ついに会社にアユと付き合っていることがバレ、解雇を言い渡されるところ。「ガーン!」の顔をしていましたが、これまでのオラオラと人の目を気にしなさっぷりを思えばこの程度のことでショック受けますかね?

 今夜放送の7話で「M愛」もいよいよ最終回。正気にもどりたいような戻りたくないような。いつまでもアユといっしょにバカになって夢を見ていたいものです……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」