ニュース
» 2020年07月05日 13時00分 公開

「ボクは人間じゃないのでは?」 賢い柴犬とおばあちゃんのふれあいを描いた漫画があたたかい

いいコンビです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

ヤマモトヨウコ 豆柴太

 新人漫画家・ヤマモトヨウコ(@YY0905)さんによる、自分を人間だと思っている柴犬が主人公の漫画『柴ばあと豆柴太』の連載です。講談社協力のもと、ねとらぼ生物部では日曜日に最新エピソードを掲載。今回は4コマ編です。


漫画 柴ばあと豆柴太 ヤマモトヨウコ 震災 3.11 柴ばあと豆柴太の物語です

↓↓↓前回の記事↓↓↓


↓↓↓1話から読む↓↓↓


ヤマモトヨウコ

ヤマモトヨウコ プロフィール

新人漫画家。京都府出身、京都精華大卒。現在、転勤で仙台在住。

『柴ばあと豆柴太』が初連載。

ねとらぼ:〈ストーリー編〉【毎週日曜更新】

現代ビジネス:〈4P漫画編〉【毎週木曜更新】



自分のことを人間だと思っているワンコ

柴ばあと豆柴太

小さな柴犬・豆柴太は柴ばあにとってかけがえのない存在

 柴ばあと一緒に暮らしているワンコ・豆柴太は、自分のことを人間だと思っています。豆柴太の悩みは毛深いこと。「もしかしてボクは人間じゃないのでは?」と、ちょっぴり疑問に思っています。そんなある日、腕の毛がモッサモサの外国人とバッタリ。毛深い仲間を見つけて喜ぶ豆柴太なのでした。

柴ばあと豆柴太 落ち込む豆柴太 二足歩行じゃないことは気にならないのかな?

 「むぎゅむぎゅ」「ぐっぐっ」と前足を動かす豆柴太。小さい体に一生懸命力を込めます。ここは柴ばあの背中の上。極上の肉球マッサージに、柴ばあもうっとりです。

柴ばあと豆柴太 肉球マッサージ うらやましいです

 散歩の途中で女子学生に声を掛けられた豆柴太。「かわいいワンちゃんですね」とチヤホヤされます。それが面白くない柴ばあが取り出したのは、23歳の時に撮ったというお見合い写真。古い写真を大事に持ち歩いている、柴ばあの行動がかわいいです。

柴ばあと豆柴太 その行動がめんこい

 柴ばあの仕事はお弁当屋さん。客に「ばあさん」といわれてご機嫌ナナメです。このままではお店が危ないと感じた豆柴太。柴ばあを散歩に連れ出します。海が近い町は吹く風も強力。風にまでケンカを売る柴ばあなのでした。

柴ばあと豆柴太 空気を読む柴犬・豆柴太

 口は悪いけれど心は温かい柴ばあ。いつも近くにいる豆柴太は、柴ばあの心の支えです。豆柴太をライバル視したり、風にケンカを売ったり、喜怒哀楽が分かりやすい柴ばあ。今頃肉球マッサージを堪能しているかもしれません。

 次回は7月12日更新の予定です。

(C)ヤマモトヨウコ/講談社



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響