ニュース
» 2020年07月03日 11時20分 公開

晩酌が展覧会みたいになりそう! 北斎、写楽、国芳らの傑作浮世絵がモチーフの切子グラスが美しい

これはステキ……。

[遠近透,ねとらぼ]

 人気浮世絵師5人の名画をモチーフにした「浮世絵切子」9種類が、7月1日に数量限定で発売されました。本企画は小学館の雑誌『和樂』および「和樂Web」による浮世絵プロジェクト「UKIYO-E 2020」とメーカー3社とのコラボレーションで、清水硝子、椎名切子(GLASS-LAB)、但野硝子加工所が参加しています。

浮世絵切子グラス おなじみの名画が3社それぞれのアイディアで麗しいグラスに

 江戸切子メーカー清水硝子は「北斎びっくり富士山グラス」2種類を製作。グラスの側面360度を1周するかたちで、北斎が描いた富士山が表現されています。「冨嶽三十六景 甲州三坂水面」がモチーフの「さかさ富士GREEN」は1万4500円(税別、以下同)、「冨嶽三十六景 本所立川」がモチーフの「さかさ富士BLUE」は1万3000円です。

浮世絵切子グラス 「さかさ富士GREEN」(左)と「さかさ富士BLUE」(右)。側面の重なりで景色の遠近が表現されています
浮世絵切子グラス 底面には幾何学的な模様が刻まれています

 清澄白河に工房を構える椎名切子(GLASS-LAB)は、歌川広重、東洲斎写楽、歌川国芳、葛飾北斎、喜多川歌麿の傑作をグラフィック化。モダンでポップな5種類のグラスは「キリコレンジャー」と名付けられており、価格はそれぞれ1万5200円です。

浮世絵切子グラス 左上から「広重GREEN」、「写楽YELLOW」、「国芳RED」、「北斎BLUE」、「歌麿PINK」
浮世絵切子グラス サンドブラストによる底面の柄に注目

 但野硝子加工所は、二代目・但野英芳さんが「国芳3Dぐい呑み」2種類を製作。歌川国芳の「宮本武蔵の鯨退治」と「相馬の古内裏」を、流れるような色彩と写実的な彫刻で表現。さらに伝統的文様で、あらゆる角度が見所となっています。価格はそれぞれ8万8000円です。

浮世絵切子グラス 「国芳3Dぐい呑み クジラ」と「国芳3Dぐい呑み がしゃドクロ」。各モチーフのインパクトが見事に表現されています
浮世絵切子グラス 底面は、繊細な模様とパワフルなグラデーションの組み合わせが魅力的

モデルになっている名画

浮世絵切子グラス 「冨嶽三十六景 甲州三坂水面」
浮世絵切子グラス 「冨嶽三十六景 本所立川」
浮世絵切子グラス 左上から、歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫西の町詣」、東洲斎写楽「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」、喜多川歌麿「ポッピンを吹く女」、葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」、歌川国芳「相馬の古内裏」
浮世絵切子グラス 「宮本武蔵の鯨退治」
浮世絵切子グラス 「相馬の古内裏」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.