連載
» 2020年07月06日 18時30分 公開

「多くの夫って夫婦のことを何にも考えていない」ボンクラ息子&父親に大迫恵美子の怒り炸裂 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

相談者「借金があることは分かって結婚したくせに」。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは7月2日(木)放送の柴田理恵パーソナリティー回。

 金銭トラブルで離婚の危機にある息子夫婦を心配した父親からの相談だが……。

テレフォン人生相談

借金があることは分かって結婚したくせに……!

 相談者は60歳男性。妻55歳。結婚3年目の長男30歳。その妻32歳。2歳になる孫がいる。

 「息子夫婦がちょっとお金のことで揉めてですね。なんか嫁さんが2、3回出ていったりとかしてですね。『離婚する、離婚する』とか言って、そういう状態なんですけど」

 金銭関係で揉めているという息子夫婦。若い頃に事業をしていた息子はデカい借金を抱えてしまい、その後、今の妻と付き合いだして「借金があるけど結婚したい」ということで夫婦となった。

 「嫁さんの方も仕事してるので、『ふたりで返していこう』という約束で結婚したんですけど、子どもができて育児休暇は取ったけど、仕事でなんかイヤなことがあったのか知らないけど『辞める』と言って……」

 息子の方は仕事を辞めてほしくなかったようで、それをきっかけに関係が悪くなってしまったという。

 「その借金っていくらぐらい?」

 「まあ、200万弱ですね」

 「奥さんとしては、仕事を辞めて子育てに専念したいってことなんですか?」

 「うんうんうん、1年くらいは子育てしたいということで。息子の方は(借金返済の)不安があるもんで『働いて欲しい』と何回か言ったんだけど、それで夫婦げんかになっちゃって。うちの息子は言葉が悪くて……」

 実家に帰ってしまった妻は「(息子の言葉の暴力が)怖かった」と語っており、離婚する方向に気持ちが傾いているようだ。

 しかし相談者の口ぶりからは「最初から借金があることは分かって結婚したのに」という思いがにじみ出ている。

 「それでも結婚したわけですから。でも、それをチクチクチクチク、嫁さんが、ウチの息子に『けんかした時にいろいろ言う』とは言ってましたけど」

 さらに、借金200万円の中には夫婦ふたりで使った金も含まれていると主張。

 「200万っていうのは、結婚式のをプールして今200万なんですよね」(「プール」は普通、「蓄える」というような意味合いで使われるが、この相談者は「合算」的な意味で使っていると思われる)

 「てことは息子さんが事業で失敗したお金と……」

 「結婚したお金がプールして、もうだいぶ払ってるんですけどね。それまではもっと金額が多かったみたいですけどね」

 息子夫婦は、ただでさえ借金があるのに、結婚式や新婚旅行のためにローンを組んで、さらに借金を増やしてしまったのだ。

テレフォン人生相談

多くの夫って夫婦のことを何にも考えていない

 この日の回答者は弁護士の大迫恵美子。

 まず、相談者の息子自身が、今の自分たちの状況について、何が問題だと考えているのかを確認した。相談者の回答はこうだ。

 「言葉の暴力のことでそういう風になったのかなあ、と思うし。どうなのかちょっと……」

 「……という風に言ってるんですか?」

 「嫁さんの方がですね」

 なぜか息子の見解ではなく、相談者の妻づてに聞いた、息子の妻の見解を答える相談者。

 「私が伺っているのはね、アナタの息子さんが今回のトラブルの原因について、どんな風にアナタに説明してますかってことです」

 「今言ったように、言葉できつく言ったっちゅうことは言ってましたよ、本人も」

 「それは反省してるっていうこと?」

 「『それは反省してる』って言いました。自分も悪かったけど、共働きしながら返していこうよって言ったのが、なかなか妻が聞いてくれないってね、ぼやきよったのは聞いてますし」「うちの息子としちゃあそんなん、どこの家庭でもね、借金があったら共働きしながらでも生活していったらいいんじゃないのということでね。だから僕もそう思うし。それで、うちの息子もちょっとイラついたというか、納得できないっちゅうか……」

 息子の側に肩入れしすぎている相談者を、大迫が突き放す。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声