ニュース
» 2020年07月06日 17時47分 公開

未来の特殊部隊っぽい! サイバーパンクな装甲マスクやフェイスシールドが超クール

7月25・26日に渋谷の即売会に出展。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 SF作品で特殊部隊が装備していそうなフェイスガードがTwitterで注目を集めています。未来感あふれるデザインと漢字ロゴの組み合わせがサイバーパンクっぽくて気分満点。


フェイスガード 顔一面を覆うフェイスガード

フェイスガード シールドは上下に可動

 話題を呼んだのはサークル「中央町戦術工芸」が試作中のフェイスガード。2ミリ厚のアクリル樹脂製シールドをゴムベルトで頭に固定し装着します。留め具は面ファスナーで、頭に合わせて調整可能。なお、サバイバルゲームに耐える強度はないそうです。

 スタイリッシュなデザインに魅せられた人は多く、同サークルのg3p(@g3p_graph)さんがTwitterで紹介したところ、「こういうの待ってた」「未来感やばい」「感染症対策に会社から支給してほしい」などと好評を博しました。「メガネと併用したい」との要望もあり、現状ではシールドと干渉してしまうため次の試作で改善を図ると、g3pさんは答えています。

 フェイスガードは、7月25・26日に渋谷で開催される展示即売会「ぷれでたーらっと展示会2020」に出展予定で、価格は9000〜1万円程度となる見込み。通販は未定ながら、7月中に受注生産で販売できればと計画中だそうです。

 なお、中央町戦術工芸のBOOTHでは、マスクにかぶせる装甲や、額当てやリストバンドなど、同系デザインのアイテムが多数販売。フェイスガードとの組み合わせ次第で、世界観にどっぷりひたれそうです。







眼帯 眼帯ユニットは右目用も左目用も


画像提供:g3p 中央町戦術工芸(@g3p_graph)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.