ニュース
» 2020年07月07日 08時00分 公開

スマホの目覚ましを勝手にピッ 現代に潜む妖怪を描く漫画に共感「これはマジでいる」

ある意味優しい妖怪。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 あなたは、「妖怪のしわざ」として合理化したくなるような、不可解な現象に遭ったことはないでしょうか。例えば、無意識のうちにスマホのアラームが止まっていて寝過ごしたとか――そんな「妖怪」を描く漫画がTwitterで注目を集めています。


アイキャッチ 勝手に目覚ましを止めるやつ、絶対いる……

 イラストレーターの山口カエ(@yamakae)さんが、きっと存在するだろうと描いた妖怪。マレーバクに似た姿で、目覚ましをかけた人の枕元に現れます。


バク

 時刻が来てアラーム音が鳴り響き、寝ていた人が苦しそうになると、妖怪は停止ボタンを「ピ」。フトンをととのえて、人をすやすやと眠らせるのでした。おせっかいではありますが、ある意味優しい妖怪ですね。


 「自分で止めたのを妖怪のせいにしているだけ」という見方もありますが、リプライでは「この妖怪はマジでいる」と共感する人が多数。「バクに似てるから名前は『爆睡』」「我が家の場合、妖怪の正体は息子」「その妖怪、スマホに謎のスクリーンショット残していきません?」などと、スレッドは盛り上がりました。


 山口さんはほかにも、「仕事中なのに手をスマホに向けさせる」「USB端子がささらないようブロックする」など、現代に潜む妖怪の漫画を公開。「いっそこういう妖怪がいるってことにしてくれないと、自分が怖い」とコメントしています。


スマホ妖怪 手とスマホを引き合わせる妖怪

スマホ妖怪 しかも、人がSNSへ投稿するとしばらく金縛りにし、反応が来るのを待たせようとする

USB妖怪 端子の向きを間違えたかな? と思って裏返してもささらないケースは、きっとこいつのせい。そこから元の向きに戻すとなぜかささるのは、きっとこいつが急にいなくなるせい

とりあたま 肝心な持ち物に限って忘れさせるこいつ、昔からいるな……

作品提供:山口カエ(@yamakae)さん



※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」