ニュース
» 2020年07月12日 13時30分 公開

世紀の駄作か、新たなマスターピースか―― 賛否両論の問題作「The Last of Us Part II」をそれでも評価したい理由(1/2 ページ)

賛否両論となった「The Last of Us Part II」を“賛”目線でレビュー。【ネタバレあり】

[イッコウ,ねとらぼ]

 完璧な物語に続編は必要だろうか。偉大な作品の続編が制作され、その続編が(一定の商業的成功と引き換えに)1作目に泥を塗ってしまうケースは多いし、終わるべきタイミングを逃してズルズルと先延ばしをしてしまい、結果的に魅力を失ってしまった漫画も少なくない。6月19日に発売した「The Last of Us Part II」も、発表された当初から同種の不安がつきまとっていた。

 前作にあたる2013年にリリースのサバイバルアクションゲーム「The Last of Us」が、ゲーム史に残る傑作中の傑作であることは、もはや疑いようがない事実だろう。圧倒的なグラフィックや緊迫感のある戦闘はもちろんだが、特に物語のラストは衝撃的なもので、それこそが「The Last of Us」の評価を決定づけたと言っても過言ではない。だが、前作が素晴らしいラストを迎えたからこそ、続編が必要だったのかどうかは議論の余地がある

 事実、共同ディレクターの1人であるアンソニー・ニューマンは「Part II」の制作にあたって「なぜ続編を作るんだ」と多くの人から聞かれたという。

 「Part II」は、すでにさまざまなところで報じられている通り、ストーリーについて賛否両論ある。現在はネガティブな意見(明らかに未プレイと思われる批判意見すらある)が注目されがちだが、この記事ではまず筆者も含め「1作目に匹敵する素晴らしいストーリーだった」と評価する人もたくさんいるということを主張したい。

 このゲームを「駄作」と称する人の気持ちは理解できているつもりだ。詳細は後ほど語るが、今作のストーリーを好まない人は絶対にいるし、筆者もこの物語を見ていて何度もつらい思いをした。だが同時に、世間から“攻めすぎたストーリーを採用した結果、炎上した作品”という目線だけで語られていい作品ではないと思う。


画像

 なお、もしこれを読んでいる人の中に「The Last of Us Part II」のプレイを検討している人がいたら、前作「The Last of Us」の本編はもちろん、可能であればダウンロードコンテンツもクリアした上でプレイすることを、強くおすすめする。

【注意】ここから先、「The Last of Us」と「The Last of Us Part II」のネタバレを含みます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる