ニュース
» 2020年07月07日 17時30分 公開

“贔屓”が見られない中で反響 歌舞伎専門誌「演劇界」が異例の重版出来

公演中止の中で、ファンからの支持を集めています。

[ねとらぼ]

 小学館が発売する歌舞伎の専門誌『演劇界』の6・7月号の4刷目が7月7日より書店に並びます。同社が「異例」という重版出来の裏には、生で舞台を見られずにいる歌舞伎ファンの熱量が感じられます。

演劇界 重版出来 『演劇界』6・7月号の表紙

 『演劇界』6・7月号の特別企画は「歌舞伎俳優から皆さまへ」。総勢117名の歌舞伎俳優が、それぞれに自分の思い入れのある「このひと役」を選び、美しい舞台写真とともに思いをつづっています。

 小学館は、今回の『演劇界』の反響について「歌舞伎を欲しているファンが大勢いることが熱く伝わってきました」とコメントしています。

演劇界 重版出来 『演劇界』の紹介(公式サイトより)

 歌舞伎は、2月下旬から公演が中止に。歌舞伎をはじめ、エンターテイメントの数々が制限される中で、各専門誌は振り返り企画や特別企画を組むなど、趣向を凝らしています。

 なお、歌舞伎の公演は、8月1日の歌舞伎座「八月花形歌舞伎」を皮切りに、新型コロナウイルス感染拡大防止や予防対策のもとで再開していく予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露