ニュース
» 2020年07月08日 20時00分 公開

やつはまだ先生四天王の中でも最弱よ…… 小学生1年生が考える「最強の先生」を描いた漫画が思わず笑っちゃうかわいさ

先生ってそういうシステムではない。

[ねとらぼ]

 小学1年生のお子さんを育てるはんぺんぎん(@hanpengin6476)さんが、小学1年生の考える「最強の先生」について漫画にしています。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 はんぺんぎんさんの娘さん・ちーちゃんは天体に関心を持っており、「地球のまわりを太陽がまわってると思ってたのに 本当は太陽のまわりを地球がまわってる……」と頭を悩ませています。どうやら地動説に疑問を抱いている様子です。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 そんなちーちゃんから「何で太陽なん?」「他の星でも良くない?」と質問されたはんぺんぎんさん。これは難しい……。大人でも「なぜ太陽が中心なのか」という問いに即答できる人は多くないでしょう。返事に窮したはんぺんぎんさんは、「先生には聞いてみた?」とちーちゃんに提案しました。面倒な質問は教育のプロに聞いた方が早いッ……! 


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 しかしちーちゃんは「ちーのクラスの先生は1年生の担任やしわからんかも……」「6年生の先生ならわかるかな?」とちょっと失礼な返事をします。どうやらちーちゃんは、高学年の先生であればあるほど「スゴい」先生である、と想定しているようです。1年生のちーちゃんからすると、6年生の先輩たちを教えている担任の先生たちは、途方もなく「スゴい」人に見えていたのかもしれません。いやわかるけど、そんなに違いはないぞ!


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 そして誰に相談すべきか悩んでいたちーちゃんは、突然「そうや!!」と声を上げ、「校長先生に聞けばいいんや〜〜!!!」と顔を輝かせました。先生を束ねる校長先生なら、なんでも知っている「最強の先生」であると考えた模様です。校長ってそういう仕組みじゃないけどね! もはや心の中で校長先生に「近々娘が地動説のことで質問に行くかもしれませんがその際はよろしくお願いします」と祈ることしかできないはんぺんぎんさんでした。

  投稿には「うちの娘が同じ疑問を投げかけてきたら、『校長先生に聞きに行って!』ということにします」というコメントもありました。何はともあれ、わからないことを聞きに行ける姿勢は大事ですね。頑張れ校長先生……。

画像提供:はんぺんぎん(@hanpengin6476)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響