ニュース
» 2020年07月08日 16時23分 公開

「VALORANT」公式がプロ配信者の誤BANを謝罪 上手すぎてチート検出ソフトが勘違い?

「アンチチートソフトウェアのエラー」と説明。

[ねとらぼ]

 「VALORANT」を運営するRiot Gamesは7月8日、アンチチートソフトウェアのエラーにより有名選手のアカウントを誤ってBANしたと公表。アカウントが凍結されたZepher選手、および全プレイヤーに謝罪しました。




 誤BANが適用されてしまったのは、Twitchを中心に活動するストリーマーのZepher選手。7月5日よりゲームに参加できない状態が続いていました。Riot Gamesはチート対策に定評があり、またZepher選手があまりに強すぎたことも災いして「あのエイムはチートじゃなきゃ説明できない」「やっぱりか」と疑惑を深める結果になりました(実際のエラーの原因とZepher選手の腕前に関係があるかは不明)。

 「VALORANT」公式は「競技性を重視したゲームにおいて、チートツール利用嫌疑がかかる事は選手・プレイヤーにとって活動生命そのものを脅かされるものである事を私たちも理解しており、今回の件を真摯に受け止め、今後の改善につなげたいと思います」「今回の件により混乱を招きましたこと、全てのプレイヤーへお詫び申し上げます」と謝罪しています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10