ニュース
» 2020年07月08日 20時11分 公開

SFでよく見るやつ! 空中に表示される「エアータッチパネル」博報堂プロダクツが提供開始

感染症対策で開発された「触らないタッチパネル」。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 博報堂プロダクツが、手でさわらなくても操作できる「エアータッチパネル」の提供を開始します。

触れずに触れられる、エアータッチパネル イメージ 空中映像にタッチするパネル

 新型コロナウイルス感染症の拡大予防対策として、触らないタッチパネルのニーズが高まっています。同社は、技術力を持った企業とタッグを組み、空中に投影された立体映像で操作するエアータッチパネルを開発しました。

 空中映像の表示には、パリティ・イノベーションズ社の「パリティミラー300」を使用。モーションセンサーと組み合わせることで、非接触タッチパネルを実現しました。パリティ・イノベーションズは、国内で初めて、10インチを超えるサイズの空中に映像を浮かび上がらせる素子の開発に成功しています。


エアータッチパネルの仕組み 空中映像とセンサーを組み合わせて実現

 図書館や書店の検索パネル、病院や公共施設での受付や発券端末、飲食店のメニュー端末での利用が見込まれます。デザインは変更可能なため、顧客の要望に合わせて提案できるとしています。


エアータッチパネル 使用イメージ 不特定多数が操作するパネルでの利用が見込まれます

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.