ニュース
» 2020年07月09日 13時05分 公開

スカートで自転車に乗ってもめくれない! 「自転車用マグネット付巻きスカート」のクラウドファンディングが7月10日に開始

3色同時展開。撥水等級4で機能性もばっちり!

[遠近透,ねとらぼ]

 自転車に乗る際にまくれを防ぐことができる新しいスカート「Maquiska(マクィスカ)」のクラウドファンディングが、7月10日からCAMPFIREで始まります。巻きスカートでクイックに脱着ができるので、Makiskirt+quickでMaquiskaと名付けられています。

自転車用マグネット付巻きスカート 一見すると普通のスカートのようですが……?

 Maquiskaはショップ「ひばり暮らし」の新商品です。前後の裾を両足の間にあるマグネットで固定することで、自転車運転時のめくれを防止。スカート裾のマグネットは「自転車用マグネット付巻きスカート」として特許査定を取得しています。

 マグネットがある内側の布は、外側に巻かれる布で隠れるので、前からは普通のスカートに見えます。後ろから見ると、キュロットやガウチョパンツのようなシルエットになります。足の間のマグネットが固定されていれば、布が足に沿って上がってくることはありますが、めくれ上がることはないそうです。

自転車用マグネット付巻きスカート 自転車に乗った状態。裾の内側のマグネットがひそかにめくれを防いでくれます
自転車用マグネット付巻きスカート 自転車から降りた状態。シンプルなデザインなのでさまざまな服に合わせやすそう
自転車用マグネット付巻きスカート 腰のベルトで固定した後、裾のマグネットを留めるだけの簡単取り付け。左右の足にはスナップボタンがあり、さらにめくれにくくできます
自転車用マグネット付巻きスカート 天気が不安定な時期には特に助かりそうな撥水仕様

 カラーはアイボリーブラック、ミッドナイトブルー、サンドベージュの3種類。生地は撥水性の100%ナイロン(撥水等級:4)なので機能性もばっちりです。最近は通学や通勤に自転車を使う方が増えているはず。自転車に乗る日はどうしてもファッションの選択肢が限られがちですが、Maquiskaがあればより自由なおしゃれを楽しめるかもしれませんね。

自転車用マグネット付巻きスカート 左からアイボリーブラック、ミッドナイトブルー、サンドベージュ

 価格は各色7900円(税込)。サイズはフリーサイズで、丈72センチ、ウエスト約63〜88センチ(ベルトにて調整)、裾まわり72センチとなっています。

 クラウドファンディングには初回生産販売(数量限定100枚、8月中発送予定)と先行予約販売(10月中発送予定)があり、開始日はいずれも7月10日の12時です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」