ニュース
» 2020年07月09日 13時05分 公開

スカートで自転車に乗ってもめくれない! 「自転車用マグネット付巻きスカート」のクラウドファンディングが7月10日に開始

3色同時展開。撥水等級4で機能性もばっちり!

[遠近透,ねとらぼ]

 自転車に乗る際にまくれを防ぐことができる新しいスカート「Maquiska(マクィスカ)」のクラウドファンディングが、7月10日からCAMPFIREで始まります。巻きスカートでクイックに脱着ができるので、Makiskirt+quickでMaquiskaと名付けられています。

自転車用マグネット付巻きスカート 一見すると普通のスカートのようですが……?

 Maquiskaはショップ「ひばり暮らし」の新商品です。前後の裾を両足の間にあるマグネットで固定することで、自転車運転時のめくれを防止。スカート裾のマグネットは「自転車用マグネット付巻きスカート」として特許査定を取得しています。

 マグネットがある内側の布は、外側に巻かれる布で隠れるので、前からは普通のスカートに見えます。後ろから見ると、キュロットやガウチョパンツのようなシルエットになります。足の間のマグネットが固定されていれば、布が足に沿って上がってくることはありますが、めくれ上がることはないそうです。

自転車用マグネット付巻きスカート 自転車に乗った状態。裾の内側のマグネットがひそかにめくれを防いでくれます
自転車用マグネット付巻きスカート 自転車から降りた状態。シンプルなデザインなのでさまざまな服に合わせやすそう
自転車用マグネット付巻きスカート 腰のベルトで固定した後、裾のマグネットを留めるだけの簡単取り付け。左右の足にはスナップボタンがあり、さらにめくれにくくできます
自転車用マグネット付巻きスカート 天気が不安定な時期には特に助かりそうな撥水仕様

 カラーはアイボリーブラック、ミッドナイトブルー、サンドベージュの3種類。生地は撥水性の100%ナイロン(撥水等級:4)なので機能性もばっちりです。最近は通学や通勤に自転車を使う方が増えているはず。自転車に乗る日はどうしてもファッションの選択肢が限られがちですが、Maquiskaがあればより自由なおしゃれを楽しめるかもしれませんね。

自転車用マグネット付巻きスカート 左からアイボリーブラック、ミッドナイトブルー、サンドベージュ

 価格は各色7900円(税込)。サイズはフリーサイズで、丈72センチ、ウエスト約63〜88センチ(ベルトにて調整)、裾まわり72センチとなっています。

 クラウドファンディングには初回生産販売(数量限定100枚、8月中発送予定)と先行予約販売(10月中発送予定)があり、開始日はいずれも7月10日の12時です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」