ニュース
» 2020年07月09日 12時22分 公開

家計簿サービス「マネーフォワード ME」がリニューアル→あまりの不評にわずか1日で元に戻る (1/2)

異例の対応。

[ねとらぼ]

 家計簿サービス「マネーフォワード ME」に7月7日実施されたリニューアルがあまりに不評だったことを受け、8日のメンテナンスで旧デザインへの巻き戻しが行われました。



 物議を醸したのは「マネーフォワード ME」ウェブ版。デザインがスマホ版準拠で統一されたことで、画面に表示される情報量が減少したのみならず、機能の削減も行われていました。ユーザーからは「改悪だ」と批判が相次ぎ、運営元のマネーフォワードはわずか1日で旧デザインへのロールバックを決定。すでに対応が完了しています。



 同社代表取締役社長の辻庸介氏は自身のnoteにて「事前に一部のユーザー様にβ版をお試しいただいた上でのリニューアルでしたが、大幅なデザイン変更や一部の機能削減などにより、特に資産管理を目的としたユーザーの方々にとって、一部使いにくい変更となってしまいました」と釈明。

 「情報量を絞ってよりシンプルに」「家計管理をもっと簡単に」といったニーズの多様化を受けてのリニューアルだったことを説明したうえで、「マネーフォワードの創業期を支え、応援してくださっていたコアユーザーの皆様」の期待に沿えなかったことを「我々が成し遂げたかったリニューアルの趣旨と反する結果」と反省し、一度リニューアルしたソフトを元に戻す異例の対応を決定したといいます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.