ニュース
» 2020年07月09日 16時00分 公開

今年もロフト「文フェス2020」にオリジナル文房具が大集結! 「カギカッコふせん」「カタカナデザインアイテム」など楽しい文具がいっぱいです

8月2日までの前期はステーショナリーディレクター、土橋正さんが手がけた「BLEND」や、金太郎飴モチーフの文具などが登場。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 全国のロフトとロフトネットストアで、文房具のフェスティバル「文フェス」が、7月13日から8月末に開催されます。8月2日までの前期は国内外の文具を手掛けるステーショナリーディレクターの土橋正(つちはしただし)さんによるオリジナル文房具ブランド「BLEND」や、金太郎飴モチーフの文具などが登場します。


文フェス2020 文フェス2020! 店舗でもネットストアでも

 土橋正さん企画・監修のロフトオリジナル文房具ブランド「BLEND」は、手帳で知られる文具メーカー、ダイゴーが製作した5色展開の「カギカッコふせん」(418円)や、L字型が特徴的な「読みやすくなるしおり」(1色×20枚入は418円、2色×10枚入は440円)など、シンプルで機能的な文具、全4アイテム16種類が販売されます。


文フェス2020 「カギカッコふせん」カギカッコの使い道は……!


文フェス2020 半透明のふせんを貼って、重要な言葉を強調するためなんです


文フェス2020 ユニークな形の「読みやすくなるしおり」


文フェス2020 文字に重なりにくいL字型

 金太郎飴(あめ)モチーフのオリジナル文具は金太郎飴本店コクヨ、ロフトのコラボで誕生。表紙の固いノート「金太郎飴 測量野帳」(528円)や、「金太郎飴 4連キャンパスノート」(1320円)など全6アイテム14種類がそろいます。


文フェス2020 どこか懐かしく、わんぱくな表情の金太郎飴。デスク上が明るくなりそうですね

 また、最近注目を集める「カタカナ」デザインが施された、「カタカナLAMY サファリ万年筆(DKSHジャパン)」(3種、4950円)や、「ブロックロディアメモ カタカナ(クオバディス)」(4サイズ、220〜605円)、「ロイヒトトゥルム1917ノート(平和堂)」(5色、3190円)が有名な文房具ブランドから登場。


文フェス2020 デザインとしてのカタカナの可能性!?

 さらに、雑学が書かれた文字列が罫線となっているユニークな「雑学罫線ノート」の第3弾、「元素記号」「新元号」「常用漢字」(各418円)が418円で販売されるなど、ロフトにしかないオリジナル文房具に出会えます。


文フェス2020 左から「元素記号」「新元号」「常用漢字」。罫線を凝視してしまいそう!

 特設ページは13日10時にオープンします。また8月3日〜8月末の「文フェス」の後期では、夏らしい爽やかな雰囲気の文房具が登場するとのことですが、詳細の発表は後日を予定。文房具ファン注目です!

※価格は全て税込

※「金太郎飴」は金太郎飴本店の商品「組み飴」に係る登録商標

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.