ニュース
» 2020年07月10日 10時00分 公開

やすこーんの「くらしの鉄道」:「女の子が1人で……」「おかまいなく」 鉄女の私が「本当のひとり旅」に目覚めたワケ (1/4)

「おんな鉄道ひとり旅」をゆるーく楽しく提唱し続ける著者によるほんわか旅の裏話、第2巻の1話丸ごと特別公開〜。

[やすこーん,ねとらぼ]

 世の中には2種類の人間がいる──。ひとり旅をする人間と、しない人間だーー!!

ひとり旅 自書「おんな鉄道ひとり旅」第1巻の第1話「寝台特急北斗星編」1ページめのセリフを変えてみた(さらに特典、3ページ目で第2巻、1話丸ごと公開!

 そう、私はひとり旅をする側の人間です。といっても、昔からできたわけではありません。むしろ、ひとり旅はおろか、ひとりで宿泊も、ひとりで新幹線さえ乗ったこともなかったのです。

 当然、きっぷの買い方も知らなかったし、時刻表が読めるようになったのは、ほんの5年ほど前。今でも時刻表を読ませたら、亀のごとしです。

ひとり旅 初めて寝台特急はやぶさに乗車(「おんな鉄道ひとり旅」第1巻第1話「寝台特急北斗星編」より)

 ひとり旅歴(=鉄道歴)は寝台特急はやぶさに乗ったときから始まり、現在13年め(2020年現在)。最初は不安で、きっちりと計画して、きっちりとそれをこなす旅しかできませんでしたが、今では旅の最中でも、平気で予定を変えられるようになりました。

ひとり旅 「へえ 女の子が一人で旅してるなんてねぇ……」「おかまいなく」(「おんな鉄道ひとり旅」第1巻第3話「青春18きっぷ・ムーンライトながら編」より)

 しかしひとり旅を始めたばかりの頃は、旅先で「なんで女子がひとり旅してるの?」と聞かれたり、ある観光列車で、たまたま一人席の隣同士で仲良くなった女性は、「旦那が宿泊を伴うひとり旅を許してくれないので、なんとしてでも今日中に帰らないと……」と話していました。聞くとかなり遠いところから来ている様子。ううむ。

 一緒に行く友達がいないから、仕方なくひとり旅をしているわけではなく、「ひとり旅をしたいから」しているのです。

 ひとり旅は自由な旅。そして自分を開放できる、いや、開放しなくてはできない旅。

 友人や恋人、旦那とだったら、相手が(一緒に)決めてくれていたことを、自分ひとりの決断で、自分ひとりの責任で、行動しなくてはなりません。

 そんなの当たり前……と思われる方も多いかもしれませんが、男女関係なく、その境界線を踏み越えるのが、なかなか大変なこともあるのですよ。

 ひとり旅は自分と向き合える貴重な体験。一度はやってみる意味があると思います。

photo 「おんな鉄道ひとり旅」(小学館)第1巻 年に4回、1回に9ページなので、2年半で1冊のペースです

 そんな私が2015年からプチコミック増刊号(小学館)で連載していたのがエッセイ漫画「おんな鉄道ひとり旅」です。これは、私のひとり旅の成長の記録でもあります。

 7月10日に「おんな鉄道ひとり旅」第2巻が発売になりました。

 今回はこの中から思い出を振り返りつつ、「ひとり旅が楽しい」理由を紹介します。さらに「第1話」を特別公開します!

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり