ニュース
» 2020年07月10日 11時30分 公開

建物が紙から浮き上がって見える……! びっしり描き込まれた風景画が驚きの立体感

緻密さが生む臨場感。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 架空の町を緻密に描いた風景画が、Twitterに驚きをもたらしています。描き込みがあまりにも細かくて、建物が浮き上がって立体的に見える……!


全景 着色も陰影も未着手なのに、この立体感……!

 作者はイラストレーターの指宿(@ibsukionsen)さん。水彩紙のイラストボードに、密集する建物を製図ペンでコツコツ描き込み、広大な世界を表現しました。気が遠くなる地道な作業……。


ALT 最初はトウモロコシのようにも見えますが……?

ALT

ALT

ALT 引いていくごとに立体感が増していく

 それでもまだ、作品は線画の段階。ここからさらに影や色を加えていくというのだから、完成形が楽しみです。


着色 セピア調に着色した段階。次の工程は影入れと調整で、これからが本番だというのだから大変だ

 作品は広く注目を集め、「高画質の写真みたい」「ズームアウト時の立体感がすごい」「キャンパスの中に小都市が……!」「小さく見える建物の中にも一人一人日常があってみんな生きてるって考えると感慨深い」と、大きな反響を呼びました。指宿さんは以前から緻密な風景画を多数公開。7月18日まで愛知で開催中の展示会「ZEROTEN2020」にも参加しています。


休暇 休暇

ALT 運河




画像提供:指宿(@ibsukionsen)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.