インタビュー
» 2020年07月17日 20時30分 公開

花王「アタック」Twitterの中の人も認めた“ガチすぎる”洗濯漫画 『鬼桐さんの洗濯』はいかにして生まれたのか?(2/3 ページ)

[ましろ,ねとらぼ]

クリーニング師の資格取得者による“魔法でごまかさないファンタジーSF洗濯漫画”


ねとらぼ


ふかさく先生、あらためて洗濯をテーマにした漫画を描こうと思ったきっかけを教えていただけますか?



ふかさくえみ先生


前作の『今日のノルマさん』が学園ものだったので、次はお仕事ものを描きたいなと思っていました。身近だけど意外に何をやっているのか知らない職業ってなんだろうと考えたら、自然とクリーニング屋さんにたどり着いた感じです。



前作『今日のノルマさん』


ねとらぼ


昔から洗濯が好きだったというわけではないんですね。



ふかさくえみ先生


むしろ、私は服とかすぐ汚してしまうほうで(笑)。だけど、その「洗濯」ともともと好きだったファンタジーやSF要素を組み合わせてみると面白くなる気がしたんです。服についた血のシミが落ちなくて困っているバンパイアがいたら……みたいに。



ねとらぼ


洗濯とSF・ファンタジーを組み合わせるうえで、意識していることはありますか?



ふかさくえみ先生


基本はファンタジー漫画だけど何気にちょっと本格的」くらいのバランスになるよう気を付けています。あまり説明しすぎると堅苦しくなるし、かといって現実離れしたことを描くと洗濯に詳しい方が読んだとき「これは違う」と思われてしまうので。



花王アタックのTwitter公式アカウントの中の人


読んでいると、僕は「魔法でごまかさない」という信念みたいなものを感じます。出てくるキャラクターは妖怪だったり神様だったりするけど、テーマは汗汚れだったりワインのシミだったり、僕たちがリアルに困るようなものが多くて。



ふかさくえみ先生


洗濯って身近なものですけど、調べれば調べるほど本当に奥が深い世界だなと気付いたんです。これは適当なものは描けないぞ、と良い意味でプレッシャーになっていますね。



ねとらぼ


ふかさく先生は今年2020年、クリーニング師の免許を取得されています。これはどういったきっかけだったんでしょうか。



ふかさくえみ先生


自分にどれだけ洗濯の知識があるのか確かめるために、まず2019年に「洗濯ソムリエ」という民間資格を取りました。クリーニング店に1人はいないといけない「クリーニング師」の国家資格のことも知っていましたけど、そこまではさすがに無理だろうなとしばらく思っていて。でも描き続けているうちにやっぱり挑んでみたくなって、受験しました。合格できてうれしかったですね。



ねとらぼ


漫画に取材はつきものとはいえ、ここまでされる方は珍しいと思います。グルメ漫画を描いている作家さんが調理師免許を取るようなものというか……。



ふかさくえみ先生


そこは、作品に説得力を持たせる目的もあったと思います。中の人もおっしゃっていたように、洗濯をテーマにした漫画自体が少ないですし、クリーニング師の免許を持っている人間が描いてますと言ったほうが箔がつくんじゃないかと。それから、やっぱり自信にはつながりましたね。「私みたいな一般人が洗濯の漫画を描いていいのかな」と不安になるときもあったんですけど、少なくとも知識だけは免許を取れるレベルに到達していることがわかったので。


現実の時間に合わせたストーリーと情報発信


ねとらぼ


毎月の連載のテーマはどのように考えているんでしょうか?



ふかさくえみ先生


その月によっていろいろですね。登場させる種族を決めてそこから話を膨らませていくこともありますし、「梅雨だからカビの話を描こう」のように実際の季節にリンクさせることもあります。



ねとらぼ


5月発売の「まんがライフオリジナル」でも、春から一人暮らしを始めたささめちゃんが鬼桐さんに洗濯機の使い方を教わっていてタイムリーだなと感じました。



ふかさくえみ先生


あれは新生活応援フェアというか(笑)、意外と家庭用洗濯機のことって描いてなかったなと思いまして。雑誌から切り取ってマニュアルとして保管してもらえたらという気持ちで描きました。



花王「アタック」のTwitter公式アカウントの中の人


そういうことが漫画を読みながら楽しく学べるのは良いですよね。



新生活を始めた人必見


ねとらぼ


そういえば、2年前に大型台風が襲来したときも、ふかさく先生は少ない水で洗濯する方法を4コマにしてTwitterに投稿されていましたね。



花王「アタック」のTwitter公式アカウントの中の人


はい、はい。ありましたね。



ふかさくえみ先生


当時、私の周りにも電気や水道が止まってしまって困っている方がたくさんいたんです。その中で自分にできることは何だろうって考えたら、やっぱり漫画を描くことなのかなと。



花王「アタック」のTwitter公式アカウントの中の人


僕たちは、自分のところから出ていないものに対する言及や、商品用途外の使い方などはなかなか情報発信しにくいところがあります。でも、あのツイートこそあのとき本当に人々が求めている情報なんだろうなと痛感させられましたね。



ねとらぼ


初登場時のささめちゃんは16歳でしたが、3巻だと高校を卒業して就職していましたね。作中の時間はリアルタイムで進行しているんでしょうか?



ふかさくえみ先生


はい、中学1年生だった魔王君もいつの間にか高校生に。早いなぁ……。前作「ノルマさん」では作中の時間がゆっくり進んでいて、冬の話を描けないまま終わってしまったのが心残りだったんですよね。現実の時間に合わせれば「春は花粉対策」「冬はマフラーの洗い方」みたいに季節ごとの話が描けます。出てくる種族たちは人間より長生きだから、リアルタイムに年を取らせても大丈夫かなと。



「洗濯屋鬼桐」で働くヒロイン・茶子のことが気になる思春期の魔王君(2巻第23着「狙われたマフラー」より)


ねとらぼ


おふたりのお気に入りのキャラクターは誰ですか?



ふかさくえみ先生


もちろん主人公の茶子と鬼桐さんは好きですけど、ゲストキャラクターだと2巻の煙々羅さんかなぁ。



担当編集さん


シブいところ突きますねえ……。



ヘビースモーカーの男性と同棲している煙の妖怪・煙々羅(2巻第20着「愛と煙と男と女」より)


ふかさくえみ先生


もともと1話限りの登場予定が、個人的に気に入ってしまって準レギュラーになったキャラクターも多いです。狐のアサとキヌはもはやこの作品のマスコット的存在ですし、バンパイアのぱせりさんも頻繁にお店に遊びに来るようになりました。



主人公の茶子以外はほぼ亜人(2巻第17着「出張!洗濯屋鬼桐」より)


花王「アタック」のTwitter公式アカウントの中の人


僕は雪女の親子が好きです。暑さで溶けてしまってボトルに入っていたお母さんが、出てくるときにろ過されて性格まで変わっちゃうというオチが面白くて。



ふかさくえみ先生


ありがとうございます! 雪女のささめちゃんも定期的に出てくるキャラクターになりましたね。



本来の性格はフィルターの中に……?(1巻第10着「溶ける種族 溶けない汚れ」より)

「僕もふかさく先生も目指しているゴールは同じ」


ねとらぼ


7月17日には単行本3巻が発売されますが、2巻のアタックZEROプレゼントのようなキャンペーンは今回も開催されるのでしょうか?



花王「アタック」のTwitter公式アカウントの中の人


実は、竹書房さんとはすでに水面下で打ち合わせさせていただいています。今回はただ洗剤をプレゼントして終わりではなく、もっと長期的に皆さんに楽しんでもらえるような企画にできないかと考えている最中で。



担当編集さん


3巻のキャンペーンは、弊社営業部を中心に進めてもらっています。僕もメールのCCに入っているので、どんな話をしているのかは把握していますが。



ふかさくえみ先生


私だけ知らない……!?



担当編集さん


先生には今、原稿に集中していただきたいので(笑)。単行本が発売されたら時間的に余裕ができるでしょうし、そこからいろいろ動き出していけると思います。



ねとらぼ


この機会に、こんな企画がやりたいというアイデアがあれば教えていただけますか?



ふかさくえみ先生


『ドラゴンボール』『進撃の巨人』みたいに、『鬼桐さんの洗濯』と花王さんのコラボ商品が出たらいいな……と夢見てます。他の作品ほどの知名度がないので実際には難しいと思いますが……。



花王「アタック」のTwitter公式アカウントの中の人


僕も個人的な願望ですが、Twitterで送られてくる洗濯に関するお悩みをふかさく先生に漫画化してもらえたら面白そうだなと思っています。文章だけで回答するよりも、漫画にしたほうが伝わりやすいですし。



ねとらぼ


それらの企画が実現したら、読者としてもうれしいです!



花王「アタック」のTwitter公式アカウントの中の人


Twitterと漫画の違いはあっても「洗濯の面白さを伝えたい」という点では僕もふかさく先生も目指しているゴールは同じだと思っています。社交辞令ではなく、いろいろな企画を一緒にやっていけたらと考えているので、これからもよろしくお願いします。



ふかさくえみ先生


こちらこそ。今日はありがとうございました!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響