ニュース
» 2020年07月10日 17時45分 公開

ソニー、「フォートナイト」のエピックゲームズに268億円の出資

「ゲーム、映画、音楽を融合」させる新しいエンターテインメントの創出を目指します。

[ねとらぼ]

 ソニーは7月10日、オンライン対戦ゲーム「フォートナイト」などで知れらるエピックゲームズに2億5000万ドル(約268億円)の出資を行ったことを発表しました。今回の出資は、両者の関係性を強固にし、新しいデジタルエンターテインメントの可能性を探っていくためのものとしています。

ソニーがエピックゲームズに出資 自社でもゲーム事業を手掛けるソニーがエピックゲームズに出資(公式サイトより)
ソニーがエピックゲームズに出資 エピックゲームズの人気タイトル「フォートナイト」など(公式サイトより)

 今回の発表で、エピックゲームズのCEOであるティム・スウィーニー氏は、 「ソニーとEpicは両社ともクリエイティビティとテクノロジーが交わる分野でビジネスをしており、ゲーム、映画、音楽を融合させるリアルタイム3Dソーシャルエクスペリエンスに関するビジョンを共有しています」とコメント。

 発表では、ソニーが持つ音楽などのコンテンツと、エピックゲームズのソーシャルエンタテインメントプラットフォームなどを融合し、「ユーザーとクリエイターにユニークな体験を提供すること」を目指していくと、今後の協業について言及しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.