ニュース
» 2020年07月12日 22時00分 公開

愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐(1/2 ページ)

人「にゃ?」猫「ニャ!」→意思の疎通完了!

[かのん,ねとらぼ]

 今、返事したよね!? 飼い猫ちゃんとの意思の疎通を感じる飼い主さんを描いた漫画が、猫飼いさんから共感を集めています。


猫 絶対返事してる!

 人懐っこいところが愛らしい元野良猫の黒猫「ろん」君と暮らすAKR(@bou128)さん。一緒に暮らし始めて約5年半、ふとしたときに「今…我々の間で…何かが通じた…!」となる最高の瞬間があるそうなのです。



 例えば名前を呼んだとき。「ろんっ」と短く呼べば「ナッ!」と短く、「ろんちゃん」と少し長めだと「ナァウン」と少し長めに、「ろ〜んちゃ〜ん」と長くすると「ナァアア〜ン?」と長めに返事をするなど、AKRさんの呼びかけ方によってろん君は鳴き方を分けるときがあるそうです。

 また、ろんくんからじーっと見られているときに「にゃ?」と声を出してあげると、パァッと明るい表情になり、「ンニャ!」とひと鳴きするというろん君。そのまま体操座りをしているAKRさんの膝の下をダッシュで通り抜けるろん君の姿に、AKRさんは言葉ではない何かで通じ合っている! と感じうれしくなります。


猫 「ニャ」の中身が知りたい……!

 そんなAKRさんの漫画に同じ猫飼いユーザーさんからは「絶対言葉通じてると思います!」「うちの子は呼ぶとすぐに返事してスリスリ来ます」「猫は言葉が分かるっぽい」など、共感のリプライが多数寄せられており、“猫と通じ合う”というのは、大いにあり得えるのだなぁということが分かります。こうやって愛猫とのコミュニケーションをエンジョイすると、よりいっそう絆が深くなりそうですね。

 以前には具合の悪いAKRさんを心配して「何か」をしてくれようとする姿も見せてくれたろん君。きっとこれも、通じ合っているからこその行動だったのでしょうね。

 AKRさんは、Twitter(@bou128)とブログ「はじめてねこと暮らしたら」で、ろん君との楽しく幸せな暮らしを漫画と写真でつづっています。

ナデナデ大好き


猫 ナデナデを続けると溶けてペッチャコになっちゃいます(液体!?)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声