ニュース
» 2020年07月12日 11時30分 公開

ロシアのモデルが手がける美しくも奇抜なパフォーマンスアート 思わず二度見して考えさせられる

驚くほど斬新な作品。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 ロシアを拠点とするモデル兼アーティストのエレン・シェイドリンさんが手がける奇抜なパフォーマンスアートが注目を集めています。


奇抜なパフォーマンスアート 不思議な魚が!

奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート 奇抜なパフォーマンスアート

 キュートな見た目からは想像もつかないほど斬新なパフォーマンスアートには多くの人が魅了され、彼女のInstagramには470万人以上ものフォロワーが集まるほどの大人気となっています。


奇抜なパフォーマンスアート 顔面が逆に!

奇抜なパフォーマンスアート スイカでできた鹿

奇抜なパフォーマンスアート 干からびた地面と同化しそうな衣裳

奇抜なパフォーマンスアート カタツムリをイメージ

 エレンさんの作品には太陽を浴びた身体の一部が燃えてしまったり、一人がけのカウチソファと同化したりする瞬間をパフォーマンスアートで表現しており、常人が思いつかないような斬新なアイデアが盛り込まれています。

 しかしながら、奇抜に見える中にも作品には深い意味が込められています。森の中で緑に包まれながら眠る姿と炎によって森の緑と一緒に身体が燃え尽きてしまう姿がセットになった作品は、違法伐採や森林火災による自然破壊の深刻さを訴えているそうです。


奇抜なパフォーマンスアート 緑に包まれて眠っていると……

奇抜なパフォーマンスアート 森林火災によって自然が台無しに

奇抜なパフォーマンスアート 太陽の日差しを浴びた瞬間に身体が燃える

奇抜なパフォーマンスアート 一人がけソファーと同化

奇抜なパフォーマンスアート ピザ型のカーペットにはとろけるチーズが!

 エレンさんは日本を訪れたことがあるようで、富士山をバックに雲をまとった神々しい姿を捉えた作品には「Sengen-Sama(センゲン サマ)」とタイトルがつけられています。富士山の山麓にある浅間神社をモチーフにした作品とみられます。


奇抜なパフォーマンスアート 富士山をバックに撮影

奇抜なパフォーマンスアート 幸せの象徴である鳩を身にまとう

奇抜なパフォーマンスアート 人間の手が衣裳

奇抜なパフォーマンスアート 自己隔離中

奇抜なパフォーマンスアート 全体が窓になっている家

 エレンさんはその美貌もさることながら、人々に感慨深さを与える素晴らしい作品をInstagramに多数投稿しております。奇抜な作品以外にも、ハッとするような美しい作品も見られるので、一度彼女のInstagramを訪れてみてはいかがでしょうか。

画像提供:エレン・シェイドリンさん(Instagram

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」