ニュース
» 2020年07月12日 18時25分 公開

査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える

頑張って……!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 大阪府の箕面公園昆虫館で、論文がどのような苦労を経て受理されるかを解説したパネルが展示中です。審査のプロセスがさぞ詳しく解説されているのだろうとおもいきや、執筆者(館長)が厳しいチェックを受け屋上で泣いている様子などを収録したユーモラスな内容です。



 「ろんぶんができるまで」と題されたパネルは計4枚。「論文を書きます。書かないと始まりません」という大正論の1枚からスタートします。パネルの写真には姿勢を正して論文を書きはじめる中峰空館長のキリっとした写真が。学校の宿題やレポートと同じで、まずは机に向かわないことには始まらないということですね。


よく見るとキリっとした姿勢とは裏腹に、画面には「明日か明後日くらいから本気出す」の一文……

 2枚目は共著者に論文を読んでもらっている様子を描写。共著の博士たちからたくさんの直しをもらってPCのWord画面はコメントで真っ赤になり、館長は「ポンコツ博士でごめんね」と泣き崩れています。そして続く3枚目では査読時に厳しいコメントまでもらい、館の屋上で膝を抱え、一人泣いている館長の姿が写されます。か、館長……!




 そうした査読者との激しい攻防を経て、論文が無事に受理されます。パネルは4枚目は「あの論文な、アクセプト(受理)されたで」と放蝶園のチョウに話しかける館長の姿で締めくくられています。館長〜〜!!



 実はこのパネル、中峰館長らが発表した「小さな捕食者の隠された多様性」という至って真面目な論文パネルの補足資料として作られたものでした。論文自体は、中生代白亜紀の約9900万年前のミャンマー北部産琥珀からアミメカゲロウ目トガマムシ科トゲズネトガマムシ亜科(新称)の昆虫4新属7新種を記載、分類したという内容。




左側の真面目さとのギャップがすごい

 「ろんぶんができるまで」のパネルは、その面白い語り口や、館長の等身大な悩みが記された内容が評判となり、Twitter上では2万件弱のリツイートと5万件以上の“いいね”を集め大きな話題に。ツイートには「昆虫館行きたくなりました」「論文書いてたころを思い出して盛大に笑いました」「2、3コマ目共感するw」といった声が寄せられていました。

 これらのパネルは9月7日まで開催されるミニ企画展「昆虫化石展」内で展示中。企画展では琥珀に閉じ込められた、ロマンあふれる美しい昆虫化石も展示されています。


画像提供:箕面公園昆虫館(@mino_insect



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」