ニュース
» 2020年07月13日 17時15分 公開

「しょくいんがあらわれた!」 市役所のコロナ対策がまさかの「ドラクエ」「ジョジョ」パロディ 鹿児島市に話を聞いた

ジョジョ風の書き文字も。

[ねとらぼ]

 鹿児島市役所の遊び心あふれる感染症対策がTwitterで注目を集めています。飛沫感染を防止する目的で設置された透明のビニールシートに「しょくいんがあらわれた!」「バァーーン」とゲームや漫画のパロディが施されているのです。

 「マイナンバーカードは装備しなきゃ意味がないぜ」と教えてもらえたり、戸籍届を提出するだけで血の宿命を感じたりしそうな光景が、「楽しい」「大好きな街です」と反響を呼んでいます。


写真提供:MINGO!×MINGO! プロデューサー・有村トモナリ(@Nari_Mura)さん

 これらの作品はNPO法人かごしまアートネットワークとの共同企画「コロナを越えるアートプロジェクト」の一環として設置されたもの。市のアートコンテスト「鹿児島市春の新人賞」を受賞した5人の作家がそれぞれデザインしたビニールシートが窓口に設置され、話題を呼んだパロディ風の作品以外にも、美しい絵画や紙版画が市民の心をいやしてくれます。


岩田壽秋さんの作品

桶田洋明さんの作品

松下茉莉香さんの作品

中原未央さんの作品

 他の作家がそれぞれの得意分野を生かした作品を提供する中、大胆にも「ドラクエ」風デザインを制作したのは、画家の小牟禮雄一さん。小牟禮さんは「今回私が提供できるものはアートと呼べるものか分かりません」と前置きしたうえで「さまざまな理由で待合室にいらっしゃる皆様の心を、ほんの少し緩ませることができたらと思い制作しました」と自身の思いをコメントしています。

 市の担当者によれば「透明のシールドは飛沫感染の予防には効果がありますが、コミュニケーションの面で発話が聞き取りにくくなるなどの支障が出てしまいます。シールドそのものをアートにすることで、コミュニケーションを少しでも豊かにできればと考えております」とのこと。実際に窓口を訪れた市民から「きれいな絵ですね」「面白い」と反応をもらうこともあり、会話のきっかけとなっているそうです。


小牟禮雄一さんの作品

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も