ニュース
» 2020年07月13日 18時17分 公開

まるで「ゲーミング肌」 皮膚にくっつくフルカラーディスプレイ、大日本印刷と東京大学が共同開発

貼るコミュニケーションツール。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大日本印刷は7月13日、「肌に貼れるカラーディスプレイ」の開発に成功したと発表しました。薄くて伸縮性があり、腕や顔など曲面でも自由に装着できます。


スキンディスプレイ 薄くて伸縮性のあるディスプレイ。12×12個のLEDと配線をゴムシートに実装している

スキンディスプレイ 電源や通信回路とセットで肌に装着。外部から受信した画像を表示できる

 同社と東京大学の研究チームが取り組んできた「スキンディスプレイ」技術によるデバイス。ディスプレイと駆動・通信回路、電源から構成されており、外部機器からBLE(Bluetooth Low Energy)通信で送られた情報を表示できます。

 ディスプレイ部は、1.5ミリ角のカラーLED12×12個(144画素)が埋め込まれた、厚み約2ミリのゴムシート。曲げ伸ばしても断線や破損が起こりにくい配線を実現しており、伸縮を繰り返しても電気的・機械的特性は損なわれないそうです。

 研究チームが初めてスキンディスプレイを実現したのは2018年2月のこと。皮膚に貼り付けたセンサーで計測された生体信号をもとに、心電図を表示する装置を発表していました。

前回発表のスキンディスプレイは単色でした

 今回は通信・駆動回路、電源の一体化とカラー化が実現し、単体で使えるコミュニケーションツールとして利用可能に。相手の顔色から気持ちをうかがうといった、リモートでは欠落しがちな非言語コミュニケーションを補完できるため、アフターコロナ社会におけるコミュニケーションに有用と目されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー