ニュース
» 2020年07月14日 18時30分 公開

スパイダーマンみたいに手首からシャーッ! レジ袋をスタイリッシュに運用できる装置「Sack-Shooter」

マイバッグを忘れにくいしかっこいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 スパイダーマンがクモ糸を放つように、手首からレジ袋を撃ち出せる装置「Sack-Shooter」が個人開発されました。レジで「袋は有料ですがいかがなさいますか?」とか聞かれたらシュポーン!

 腕時計のように手首にはめて使う装置。手のひらへ飛び出したリングに中指をかけて引くと、内蔵のレジ袋が輪ゴムの力で飛び出します。


sackshooter ウェブ・シューターのようにシャーッ!

sackshooter

sackshooter 撃ち出した袋は普通に手で広げます

sackshooter その名は「Sack-Shooter」(袋射出機)

sackshooter 手首を返して中指をリングにかける

sackshooter リングを引くと装置のコンテナが展開

sackshooter シュポーン

sackshooter

sackshooter

sackshooter あとは袋を開くだけ

 なお、内蔵できる袋は1枚限り。撃つたびに袋を折りたたみ、装置にこめ直す必要はあります。なかなかの手間になりそうですが、ヒーロー気分のためなら苦にならない?


sackshooter 専用の留め具で、装置に合った形に折りたたむ

sackshooter 一方を手前に引っかけてからコンテナに収納

 「かっこいい」「店員さんの反応が見てみたい」「これであなたもスーパー(の)ヒーロー」とTwitterで話題を呼んだこの装置、開発したのは大学院生でデザイナーのTsukasa-3D(TwitterYouTube)さん。設計にはCADソフトのFusion360を使用し、輪ゴム以外全て3Dプリンターで製作しています。


sackshooter CADで設計

sackshooter 部品はほぼ3Dプリンター製

 編集部が取材したところ、会計前にマイバッグを取り出すのに手間取ってしまった経験から、袋を身につけて素早く取り出す装置を作ろうと思い立ったとのこと。開発中、単に便利なアイテムを作るのでなく、ワクワクするギミックもと考えた結果、Sack-Shooterが生まれたそうです。


sackshooter

動画提供:Tsukasa-3D(TwitterYouTube)さん

(沓澤真二)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」