ニュース
» 2020年07月15日 19時30分 公開

人類滅亡、自分以外“亡者”――終末世界であがくサバイバルホラー漫画『世界が滅んだその後で』(1/2 ページ)

[Tomo,ねとらぼ]

 人類が滅亡し、自分以外が亡者になってしまった――Twitterで人気を集める漫画家・洋介犬さんによるサバイバルホラー漫画『世界が滅んだその後で』(洋介犬)の単行本1巻がこのほど発売されました。

『世界が滅んだその後で』 『世界が滅んだその後で』

 ある日突然、一瞬にして人類が滅んだ世界。そんな中で、主人公・ノゾミは記憶と右目と右手をなくした状態で目覚めます。人類は滅んだものの、世界には誰もいなくなったわけではなく、人々は亡者(ナキモノ)と呼ばれる怨霊と化していました。

人類は滅んだが、亡者として存在し続けた――

 怨霊と化しても会社に行き続ける者、猫になりたかった願望から猫化している者、親に放棄されたまま死に、飢え続けている子どもなど、亡者は生前の執着にとらわれ続けながら、生きていた頃のように暮らしています。生きていると分かれば殺されるため、ノゾミは亡者のふりをしながら、他の生者を探し、生き延びる道を模索していきます。

 亡者の中でノゾミがどう生き延びていくのかというハラハラする展開に加え、人類を滅ぼした“神”は何者なのか、そもそもノゾミは人間なのか、尽きない謎にも引き込まれます。

 そして物語の深みを増しているのが、ノゾミが出会う亡者たち。意思のないゾンビのような存在ではなく、生前の執着や欲望に囚われ続ける彼らからはさまざまなドラマが見えます。彼らの執着は負の思いばかりではなく、「子どもを事故から助けられなかった母親」と「事故で母親に介護される身になった子ども」が亡者になったからこそ後悔を克服して幸せにそうに過ごす場面や、「学校でいじめられていた子ども」と「病気で学校に行けなかった子ども」が出会って前へと進む場面は印象的。死んだからこそ表に現れる人の本質が見えるようで深く刺さります。

生前子どもを助けられなかった母親と、母親への負担をなくしたいと思っていた子ども
学校でいじめられていた子どもと、生前学校に行けず、学校へ行きたいと思っている子どもが出会い……

 『世界が滅んだその後で』は新潮社の漫画サイト「くらげバンチ」で連載中。Twitterでは単行本発売を受けて、感想をツイートすると抽選で作者のサイン入りアイテムがもらえるキャンペーンも実施しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」