ニュース
» 2020年07月15日 20時00分 公開

シルバニアファミリーの赤ちゃんと駄菓子の集合写真に胸キュン! かわいすぎる写真の背景には作者の疲労があった

疲れた人の心に、シルバニア赤ちゃんが効く!?

[ねとらぼ]

 シルバニアファミリーの赤ちゃんと一緒に暮らしているなる(@saba_umai_ne)さんの、シルバニア赤ちゃんと駄菓子を色ごとに配置した写真が人気です。これが「癒やし」というやつか……!


シルバニアファミリー赤ちゃん オレンジの赤ちゃん


シルバニアファミリー赤ちゃん 赤の赤ちゃん(だじゃれではありません)

 なるさんの作品は、レースの前かけがついた単色のお洋服を着ている2体のシルバニア赤ちゃんを中心に、赤ちゃんの服の色と同じ色合いの駄菓子をパズルのように並べたものです。

 赤の写真では「ミニコーラ」や「チョコベビー」、オレンジの写真では「マルカワオレンジガム」や「ミニビット」チョコレート、黄色の写真では「森永ミルクキャラメル」や「パインアメ」など、誰もが知っているお菓子が登場しており、まるで宝箱のようです。お菓子に囲まれたシルバニア赤ちゃんも、なんだかわくわくしているように見えます!

 


シルバニアファミリー赤ちゃん 黄色の赤ちゃん


シルバニアファミリー赤ちゃん 緑の赤ちゃん


シルバニアファミリー赤ちゃん 紫の赤ちゃん

シルバニア赤ちゃん×駄菓子写真のきっかけ

 Twitterでシルバニア赤ちゃんの写真を見て懐かしさを覚え、1体購入して以来、みるみるうちにその魅力に目覚めて何体も購入してしまったというなるさん。

 なるさんが駄菓子×シルバニア赤ちゃんの写真を撮りはじめたのは、3月後半のことでした。年度末で仕事がバタバタしていたなるさんは、仕事が終わった遅い時間帯、疲れ切った状態でスーパーマーケットに入りました。ちょうどその時期は新型コロナウイルスの影響で食糧の買い占めが発生しており、なるさんの目に入ったのはお菓子ぐらいしか残っていないがらがらの棚だったといいます。

 仕事はつらく、買いたいものも買えない……。「もう何もかもいやだ〜〜〜〜」と思ったなるさんは棚に残っていた駄菓子を購入して持ち帰り、シルバニア赤ちゃんと一緒に写真に収めました。

 

 これがきっかけとなり、駄菓子とシルバニア赤ちゃんの写真を撮るようになったそうです。

 撮影の際にこだわっているポイントは、「できるだけ目に光を入れる」ことだといいます。確かになるさんの写真のシルバニア赤ちゃんは、みんな目がきらっと光っています! 真似できそうなテクニックです。


シルバニアファミリー赤ちゃん 水色の赤ちゃん。目がきらきらしています


シルバニアファミリー赤ちゃん ピンクの赤ちゃん。こちらもわくわくしたような光る目がかわいい

 ちなみに、なるさんが一番気に入っている子は、「うちにいる子は全員等しく好きなんですけど、強いて言うなら最初に買ったシマネコの赤ちゃんです! 実家で最初に飼っていた猫がキジトラだったので、親近感があるのかもしれないです」とのことでした。癒やしを求めている皆さん、シルバニア赤ちゃんがあなたの生活に彩りを添えてくれるかもしれませんよ。


シルバニアファミリー赤ちゃん ピンクの赤ちゃんその2。左がシマネコの赤ちゃんです

画像提供:なる(@saba_umai_ne)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10