ニュース
» 2020年07月16日 08時45分 公開

新型コロナ対策をテーマにしたボードゲームが開発中 「疫病による死」「経済による死」の最小化を目指す“ガチ”ゲーム

11月14〜15日に開催する「ゲームマーケット2020秋」に出展予定。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ボードゲーム同人レーベル「ジブセイルゲームズ」が、新型コロナウイルス対策をテーマとしたアナログゲーム「Operetions Research for COVID-19」を開発していると発表しました。“ゲーム”と名乗ってはいますが、目指したのはエンターテインメント性を一切排除した、ガチガチのシミュレーションだといいます。


photo シミュレーター「Operetions Research for COVID-19」(画像はジブセイルゲームズより、以下同)


 同ゲームでは、プレイヤーは新型コロナウイルス対策本部の実務担当者となります。そして1週間単位で算出される「新規感染者数」を参照しながら、入出国制限や営業自粛要請、緊急事態宣言などの感染抑制施策を行っていきます。


photo テストプレイ時の様子
photo 現実と同じく判明する新規感染者数や感染抑制施策には2週間のタイムラグがあります

 プレイヤーが何も感染抑制施策を取らなければ、新規感染者数はあっという間に倍増し、初期段階の医療リソースはたちまち枯渇寸前に。一方で感染抑制施策をとれば経済に悪影響を与え、経済困窮による自殺率を上昇させることになります。そのためプレイヤーは、感染抑制施策と経済維持施策をどのタイミングで実施するのか適切に判断し、医療と経済を両立させていく必要があるというわけです。


photo 行う施策によってGDP成長率や失業率も上下します
photo 刻一刻と変化する状況

 開発のきっかけとなったのは、緊急事態宣言を巡る議論の中でしばしば言われていた「感染による死か、経済困窮による死か」という言葉でした。開発者に聞いたところ、ボードゲームという体裁をとってはいるものの、エンターテインメント要素はあえて省き、“図上演習”とも呼ぶべきリアルなシミュレーションを目指したといいます。


photo 感染者収容数に加え重篤者収容数も表示
photo 医療支援や景気対策の予算にも限りがあります

 「Operetions Research for COVID-19」は今後、11月14〜15日に開催される「ゲームマーケット2020秋」で頒布を予定。ゲームの基本デザインは既に完了しており、今後はこれから起きる事象や新たな知見を反映させつつ、テスト演習を繰り返している段階とのことです。

画像提供:ジブセイル(@jibsail_games)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」