ニュース
» 2020年07月17日 11時20分 公開

泉佐野市が「ふるさと納税」に復帰 「10億円赤字」の病院に支援を募る

泉佐野市は、ふるさと納税制度から一時除外されていました。

[ねとらぼ]

 大阪府泉佐野市がふるさと納税制度を利用したクラウドファンディングを7月17日から開始します。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響を受けて経営状況が悪化した、同市の「りんくう総合医療センター」への支援を目的としたもので、「10億円赤字支援プロジェクト」と銘打って支援を募ります。

10億円赤字支援プロジェクト 泉佐野市が「10億円赤字支援プロジェクト」を実施

 2019年の総務相が参加自治体を指定するふるさと納税の新制度で、対象の自治体から除外された大阪府泉佐野市。制度からの除外は違法だとして総務省を提訴していましたが、高裁で訴えが認められ、ふるさと納税制度に復帰することとなりました。

 今回のプロジェクトは、「地方独立行政法人 りんくう総合医療センター」を支援するもの。

 同病院は、新型コロナウイルスの重症患者を積極的に受けいれていたものの、医療従事者の不足により救急医療の一部休止や手術の延期されたほか、外来患者が減少。経営状況が急激に悪化したと言います。

 大幅な減収の一方で、新型コロナ対応に関連する支出の増加により、同病院の赤字は約7億円に。経営状況は今後もさらに悪化していくことが予想され、「赤字が10億円以上に膨らむ可能性」があるとしています。

10億円赤字支援プロジェクト 泉佐野市の「りんくう総合医療センター」(公式サイトより)

 泉佐野市は、同病院の財源不足への手当てとして国に特別交付税を要求していましたが「本市がふるさと納税に関して総務省と係争状態にあったことから、本市を狙い撃ちした省令の改正により、再三にわたり特別交付税が大幅に減額」されたとのこと。

 同病院が「新型コロナウイルス感染症対応の最前線といっても過言ではない」ことから、支援のため、ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングを実施する運びとなりました。

 「10億円赤字支援プロジェクト」は、泉佐野市のふるさと納税Webサイト「さのちょく」で実施。7月17日の正午から受付を開始し、終了時期は9月末を予定しているとのことです。なお、今回の「10億円赤字支援プロジェクト」は返礼品のない寄附となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響