ニュース
» 2020年07月17日 11時20分 公開

泉佐野市が「ふるさと納税」に復帰 「10億円赤字」の病院に支援を募る

泉佐野市は、ふるさと納税制度から一時除外されていました。

[ねとらぼ]

 大阪府泉佐野市がふるさと納税制度を利用したクラウドファンディングを7月17日から開始します。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響を受けて経営状況が悪化した、同市の「りんくう総合医療センター」への支援を目的としたもので、「10億円赤字支援プロジェクト」と銘打って支援を募ります。

10億円赤字支援プロジェクト 泉佐野市が「10億円赤字支援プロジェクト」を実施

 2019年の総務相が参加自治体を指定するふるさと納税の新制度で、対象の自治体から除外された大阪府泉佐野市。制度からの除外は違法だとして総務省を提訴していましたが、高裁で訴えが認められ、ふるさと納税制度に復帰することとなりました。

 今回のプロジェクトは、「地方独立行政法人 りんくう総合医療センター」を支援するもの。

 同病院は、新型コロナウイルスの重症患者を積極的に受けいれていたものの、医療従事者の不足により救急医療の一部休止や手術の延期されたほか、外来患者が減少。経営状況が急激に悪化したと言います。

 大幅な減収の一方で、新型コロナ対応に関連する支出の増加により、同病院の赤字は約7億円に。経営状況は今後もさらに悪化していくことが予想され、「赤字が10億円以上に膨らむ可能性」があるとしています。

10億円赤字支援プロジェクト 泉佐野市の「りんくう総合医療センター」(公式サイトより)

 泉佐野市は、同病院の財源不足への手当てとして国に特別交付税を要求していましたが「本市がふるさと納税に関して総務省と係争状態にあったことから、本市を狙い撃ちした省令の改正により、再三にわたり特別交付税が大幅に減額」されたとのこと。

 同病院が「新型コロナウイルス感染症対応の最前線といっても過言ではない」ことから、支援のため、ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングを実施する運びとなりました。

 「10億円赤字支援プロジェクト」は、泉佐野市のふるさと納税Webサイト「さのちょく」で実施。7月17日の正午から受付を開始し、終了時期は9月末を予定しているとのことです。なお、今回の「10億円赤字支援プロジェクト」は返礼品のない寄附となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露