なぜ私の周りには「厄介な人」がこんなにも現れるのか?――漫画『きょうも厄日です』山本さほインタビュー(3)

「『変態磁石』って呼ばれてます」

» 2020年07月18日 12時00分 公開
[杉本吏ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
きょうも厄日です

 『岡崎に捧ぐ』などの作品で知られる山本さほさんは、なぜか厄介な人たちを引き寄せてしまう謎の能力の持ち主。トラブル続きな日々をつづったエッセイ漫画『きょうも厄日です』の中から、その一部を作者インタビューと合わせて公開します。(聞き手/構成:杉本吏)

漫画『きょうも厄日です』とは?

 街を歩けば不思議な人に出くわし、電車に乗れば面倒な人に絡まれ、旅行に行けばおかしな事件に巻き込まれる……。山本さほさんの身に降りかかる災難を、“笑い時々ホラー”なタッチで描きます。

作者プロフィール:山本さほ

 1985年生まれ。幼少時代からの親友「岡崎さん」との友情や子供時代の思い出を描いた自伝的作品『岡崎に捧ぐ』がネット上で話題となり、漫画家に。現在、『きょうも厄日です』(文春オンライン)『無慈悲な8bit』(週刊ファミ通)連載中。


ドラゴンボールぽろりんおじさん






山本さほ先生インタビュー(3)



――この「ドラゴンボールぽろりんおじさん」もそうですが、どうして山本さんの周りにはこんなにおかしな人ばかり現れるんでしょう?

山本: なんなんでしょうね。友達からは“変態磁石”って言われたことがあるんですけど。漫画家になってからはあまり家を出てないので、こういうことも減りましたが、このリサイクルショップでバイトしてたときなんかは漫画にもできないような事件がたくさん起こりました。

――そういう出来事をずっと個人ブログに書いていたんですよね。

 十年以上ブログに書き続けてて。この頃は毎日友達とSkypeをしてたので、そこで報告したり、飲み会でも「今日こんな変なことがあってさー」って。そういう話をして友達や読んでる人を笑わせるのが好きなんです。

――もしかして、他の人にも同じくらい変なことは起こってるんだけど、山本さんはそれをスルーしないで残らず表現してるだけなのかもしれませんね。

 そういう部分もあると思います。たとえば今回の話のように、女性って生きてるだけで生涯に何十回とおかしな人に出くわすと思うんですよ。それを「嫌な目にあった」って思ってすぐに忘れるか、私のようにネタにして話したがるかの違いというか……もちろん嫌なことは忘れちゃっていいんですけど。

――山本さんの別の作品では「エッセイ漫画は人生の切り売り」という言葉が出てきます。

 漫画家になった最初の頃は、「すぐにネタ切れするんじゃないの?」みたいなこともけっこう言われました。そのたびに「余計なお世話だよ」と思ってたんですけど。

 でも、最近『この町ではひとり』という作品のあとがきにも書いたんですけど、「漫画にするとその出来事を忘れていく」っていう。形にした途端に忘れていくんですよね。ブログに書いたり、友達に話したりしていたときには大丈夫だったのに、漫画にすると頭の中からなくなって、その後はうまくしゃべれなくなる。「あ、これ切り売りしてるわ」って。

――『きょうも厄日です』には、SNSでストーカーにあっていて、被害は収まったけれど結局犯人は分からなかった、という話が出てきます。『この町ではひとり』も、周囲との関係に苦しんだ一年間を描いた実話で、決して明るい内容ではないですよね。

 いま世間が求めてるのって、テレビ番組の「スカッとジャパン」みたいな話じゃないですか。みんなイライラしていて、最後に水戸黄門みたいに鉄拳制裁をくらわせて「全員ハッピー」みたいなのが読みたいと思うんですけど、現実って全然そんなじゃなくて。ストーカーの犯人が分からなかったとか、引っ越した町から一人で逃げ帰る、とか。

 でも、これはけっこう気を付けてることなんですけど、嘘は絶対描かないようにしていて。

――いわゆる「話を盛る」みたいなことですか?

 やたら良い話に仕立てたりとか、現実には起こっていない嘘のオチを持ってきたりとか。私はそれを「ドーピング」って呼んでるんですけど。

 一回それをやっちゃうと、その後もずーっとやり続けなきゃいけなくなるんですよ。しかもそれがバレたときに、他のおもしろい(本当の)話まで、全部疑わしく思えてきちゃう。私がそれをやったら、最終的に「(『岡崎に捧ぐ』の)岡崎さんってほんとにいるの?」ってとこまでいっちゃうんで(笑)。

――「主人公(山本さん)に芯がないのが、何かを強制される感じがしなくてむしろ良い」というレビューも見かけました。

 芯はないかもしれないです。流されやすいし、漫画に出てくる変な人たちに対しても「描いて糾弾してやろう」みたいな正義感とかは全然なくて、それよりも「今日こんなやばいことが起こったんだけど聞いてよ!」みたいな。だからやっぱり、ブログとか飲み会で友達に話してるのと同じ感覚なんですね。

(インタビュー終わり)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」