ニュース
» 2020年07月18日 08時30分 公開

自分はコーヒーが好きだと思っていたけど実は……「何が好きかを知るのは意外と難しい」ことへの気付きを描いた漫画に共感

「好き」の形は人それぞれ。

[林美由紀,ねとらぼ]

 あるものを「好き」だと思っていたけれど、本当はそれ自体が好きな訳ではなかった――「好き」についての気付きを描いたエッセイ漫画「『好き』の勘違いについて」を読むと共感しかありません。作者は漫画家の一秒(@ichibyo3)さんです。


「好き」の勘違いについて04 「好き」と思っていたけれど……


 自分はずっとコーヒーが好きだと思っていたという作者の一秒さんは、実はそうでなかったことに気が付きます。


「好き」の勘違いについて01

 一秒さんが好きなのは、コーヒー自体ではなく、淹れる時間やコーヒーに合う音楽、そして、オタク心をくすぐる器具におしゃべりやまったりタイム。そんなコーヒーをとりまく文化が好きだったのだと自分の「好き」を理解できたという一秒さん。

 他にも、旅行が好きかなのではなく予定を立てることが好きだったり、彼が好きなのではなく彼のコミュニティが好きだったりと、自分が何を好きか知るのは意外と難しいのかもしれません。そんな中で、一秒さんは「好き」を知ることは「自分を知ること」なのだと述べています。


「好き」の勘違いについて02


「好き」の勘違いについて03

 あるものを「好き」と思うとき、それは色々な角度からの見方や感じ方があるもの。例えば、あるアイドルを好きだという場合も、顔が好き、性格が好き、パフォーマンスが好き、歌唱力が好き、ライブの一体感が好きなど、「好き」の感じ方は人それぞれです。自分の「好き」を探すのは難しいけれど、もし、知ることができれば、より「好き」が深まっていくのではないでしょうか。

 この漫画の読者からは、「クリスマスソング大好きだと思っていたけれど、街中クリスマス一色! という空気感が好きだったんだなあと思ったことがありました」「相手ではなく、相手がくれるシチュエーションに恋するのと似てますね」など、そのもの自体よりもそれを取りまくものが好きなのかもしれないという意見や「好きの概念って意外と曖昧だったりするしねぇ…」など共感するコメントが集まっています。



 作者の一秒(@ichibyo3)さんは、自身のホームページ「一秒通信」やInstagramで日常のできごとを描いたエッセイ漫画や育児漫画などを公開しています。

画像提供:一秒(@ichibyo3)さん



※価格は記事掲載時点のものとなっています




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」