ニュース
» 2020年07月18日 08時30分 公開

自分はコーヒーが好きだと思っていたけど実は……「何が好きかを知るのは意外と難しい」ことへの気付きを描いた漫画に共感

「好き」の形は人それぞれ。

[林美由紀,ねとらぼ]

 あるものを「好き」だと思っていたけれど、本当はそれ自体が好きな訳ではなかった――「好き」についての気付きを描いたエッセイ漫画「『好き』の勘違いについて」を読むと共感しかありません。作者は漫画家の一秒(@ichibyo3)さんです。


「好き」の勘違いについて04 「好き」と思っていたけれど……


 自分はずっとコーヒーが好きだと思っていたという作者の一秒さんは、実はそうでなかったことに気が付きます。


「好き」の勘違いについて01

 一秒さんが好きなのは、コーヒー自体ではなく、淹れる時間やコーヒーに合う音楽、そして、オタク心をくすぐる器具におしゃべりやまったりタイム。そんなコーヒーをとりまく文化が好きだったのだと自分の「好き」を理解できたという一秒さん。

 他にも、旅行が好きかなのではなく予定を立てることが好きだったり、彼が好きなのではなく彼のコミュニティが好きだったりと、自分が何を好きか知るのは意外と難しいのかもしれません。そんな中で、一秒さんは「好き」を知ることは「自分を知ること」なのだと述べています。


「好き」の勘違いについて02


「好き」の勘違いについて03

 あるものを「好き」と思うとき、それは色々な角度からの見方や感じ方があるもの。例えば、あるアイドルを好きだという場合も、顔が好き、性格が好き、パフォーマンスが好き、歌唱力が好き、ライブの一体感が好きなど、「好き」の感じ方は人それぞれです。自分の「好き」を探すのは難しいけれど、もし、知ることができれば、より「好き」が深まっていくのではないでしょうか。

 この漫画の読者からは、「クリスマスソング大好きだと思っていたけれど、街中クリスマス一色! という空気感が好きだったんだなあと思ったことがありました」「相手ではなく、相手がくれるシチュエーションに恋するのと似てますね」など、そのもの自体よりもそれを取りまくものが好きなのかもしれないという意見や「好きの概念って意外と曖昧だったりするしねぇ…」など共感するコメントが集まっています。



 作者の一秒(@ichibyo3)さんは、自身のホームページ「一秒通信」やInstagramで日常のできごとを描いたエッセイ漫画や育児漫画などを公開しています。

画像提供:一秒(@ichibyo3)さん



※価格は記事掲載時点のものとなっています




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」